(54)【考案の名称】通販用フォーム

(73)【実用新案権者】南精機株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は主として、通販などで利用されるフォームに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来通販等で利用されるフォームには、その裏面の一部に粘着剤を塗布し、その上に剥離紙を貼って、表面の相当部分にハーフカットを施して、部分的にタック・ラベルとし、プリンターによってプリント後この部分を剥がして、用紙の一部例えば返信ハガキ又はポイント台紙等に貼り合わすことが行われている。これは部分タック・ラベルと呼ばれているが、次の様な欠点を持っている。
1.用紙がプリンターによってプリントされる場合、熱定着型レーザー・プリンター内部で用紙に塗られている粘着剤が軟化・溶融し、プリンターを汚すことがある。
2.剥離紙が貼られた用紙の一部が他の部分より厚くなるので、プリンターでプリントしにくい。
3.粘着剤塗布、剥離紙貼り合せ、ラベルにする為のハーフカットなどの加工が複雑でコストが高くなる。

【効果】

【0005】
1.本考案に利用する再湿性接着剤は耐熱性なので、プリンターとくに熱定着型レーザー・プリンターによってプリントする場合、糊によってプリンター内部を汚すことがない。
2.従来型に比べ、剥離紙を使用しないので、用紙使用後紙ゴミが発生しない。
3.扱いにくい粘着剤、高価な剥離紙を使用せず、剥離紙貼り合せハーフカットなどの面倒な加工を必要としないので、資源と手間の無駄がない。

(57)【要約】

【課題】通信販売用を主目的とするフォームで、プリントしてお客へ送られるフォームの一部に申込み注文ハガキが付いている場合に必要なお客のアドレス・ラベル及びポイント・ラベル等を予めフォーム一部に付属させて、データーをプリントしておきお客の便宜を図る。【解決手段】フォームの一部をミシン目によって分割し、ラベル部分の裏面及びその相手部分に耐熱性再湿性接着剤を塗布し、それを十分乾燥させてプリンターによるプリントに支障ないようにする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):