(54)【考案の名称】電動歯ブラシ

(73)【実用新案権者】協和工業株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、軽量、小型で、かつ騒音が少なく携帯に便利な振動式の電動歯ブラシに関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、口腔衛生の意識が高まり、家庭内には止まらず職場や旅行先などでも歯磨きを行うことが多くなっている。このため、歯ブラシには、静粛性があり、軽量かつ小型で携帯への利便性に加え、特に女性や若年層にはファッション性が要求される。また、歯ブラシとしては、歯全体にわたりきめ細かい清掃ができることから電動式歯ブラシが好適であるが、歯ブラシ体の着脱が簡易に行えることも重要な要素である。
【0003】
このため、携帯用に供するためにキャップ付としたものや、取替用の歯ブラシを本体部に確実に接続する構造が種々提案されている。キャップ付の電動歯ブラシとしては、たとえば特許文献1、特許文献2に開示されているが、いずれも外形形状が円形もしくはほぼ円形の柱状体であるが故に取り扱い時における転動の問題があり、さらにファッション性にも満足できるものではなかった。
【0004】
また、歯ブラシ体の本体部への取り付けに関しては、特許文献3および特許文献4に開示される接続構造が知られている。前者は、歯ブラシと本体部との間に係止部材を介して接続しており、後者は、歯ブラシ体のプラグ部における連結係合部と本体部のソケット部における連結係合部とを、前記プラグ部先端の突起と前記ソケット部の空隙部との嵌合わせで位置決めするものである。これら特許文献3、4に示された歯ブラシ体と本体部の着脱は、別体の係止部材を必要とするか、連結係合部の他に連結係合部の位置決め手段を必要とするものであった。このように、特許文献3、4の接続では、余分な係止部材が必要となり、あるいは複雑な接続構造となって製造コスト上に問題があった。

【効果】

【0008】
本考案によれば、前記本体の連結部および前記歯ブラシ体は抗菌機能を有し、本体に接続される歯ブラシ体を歯ブラシケース体で覆うものであり、雑菌類の付着・増殖が抑制されるので口腔内衛生面に優れ、職場や旅行先への携帯に便利である。また、外縁形状が8角形柱状を呈しているので取り扱い時での転動が防止でき、歯ブラシケース体の閉鎖側端部に真珠、天然石あるいは人造宝石等の装飾部材を取替自在とした装飾部を配してファッション性を高めている。また、全体の表面に金属光沢の色彩が施され、部分的に異なった色彩とすることで外観上でのアクセントとすればファッション性をさらに高めることができる。
【0009】
さらに、本体と歯ブラシ本体の着脱を少ない係合部材で実現することができるので、簡便な着脱操作が可能となり、製造コストを安価にできる。

(57)【要約】

【課題】 軽量、小型かつ騒音が少なく、携帯に便利でファッション性に優れ、歯ブラシ体の簡易な着脱構造を有する電動歯ブラシを提供する。【解決手段】 一方側の連結部11の先端に振動伝達杆を有し、他方側に乾電池の格納部が形成され、中間域において駆動モータを内蔵するとともにその外周面に外部カバーが嵌合一体化された本体1と、前記格納部を囲繞し開放側端部が前記本体の他方側に嵌合される本体カバー体2と、前記振動伝達杆に着脱自在に連結される歯ブラシ体4と、該歯ブラシ体を囲繞し開放側端部が前記本体の一方側に嵌合される歯ブラシケース体3とからなる電動歯ブラシであって、前記本体の連結部11と前記歯ブラシ体4は抗菌機能を有し、前記本体カバー体2、前記外部カバー11e、前記歯ブラシケース体3の外縁形状が8角形柱状であり、前記歯ブラシケース体3の閉塞側端部に装飾部材を取替自在とした装飾部が形成されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):