(54)【考案の名称】把持型の指圧按摩機

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、把持型の指圧按摩機に関する。

【従来の技術】

【0002】
産業の発達に伴い健康への関心が高まっている。これに伴い、近年、各種の運動に加えて、健康食品及び健康補助器具に高い関心が集まっている。中でも、身体の固くなった筋肉を柔らかくし、且つ、血行を円滑にして、疲労回復に有効に使用可能な指圧機や按摩機が、大衆化されている。

【効果】

【0010】
以上説明したように本考案によれば、按摩具の使用中に身体に傷害を与える危険性を低減することができる。

(57)【要約】

【課題】按摩具の使用中に身体に傷害を与える危険性を低減することができる把持型の指圧按摩機を提供する。【解決手段】指圧按摩機は、2つの支持棒11が相互に一定の間隔を隔てて一端に突設され支持棒の先端に軸孔12が穿設された第1の結合体10と、この支持棒が挿着される挿着溝21が一端に刻設され第1の結合体と結合する第2の結合体20と、両支持棒の間と両支持棒の外側とにそれぞれ回転自在に軸支される複数の按摩具40と、一の支持棒の外側に軸支された按摩具の中央の貫通孔41と一の支持棒の軸孔とに挿通されており一端には係止爪33が設けられ他端には係合突起34が設けられた第1の軸31と、他の支持棒の外側に軸支された按摩具の中央の貫通孔と他の支持棒の軸孔とに挿通され一端には係止爪が設けられ他端には第1の軸の係合突起が係合される係合溝35が第1の軸の係合突起と対向するように刻設された第2の軸32と、を備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):