(54)【考案の名称】インターネット電話無線制御装置

(73)【実用新案権者】和恩科技股▲分▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はインターネット電話無線制御装置、特にブルートゥース(登録商標)を用いてインターネット電話システムのソフトウェアを無線制御することで、インターネット電話の発呼、発呼相手先の選択および音声調整などの機能を行う制御装置を提供するものである。

【従来の技術】

【0002】
インターネット電話は全世界にデータの相互通信におけるシームレスのプラットフォームを提供しており、近年来、通信業者は遠距離通話の架け橋としてこの共通のプラットフォームを開発している。
音声パケット伝送技術の向上によりインターネット電話の使用率も大幅に増えており、現在、インターネット電話では例えばスカイプといったシステムが使用されている。これは優れた通話効果を有し、しかも従来の一般的な電話または携帯電話機に比べても通話料金が節約できるという効果を備えているため、広く流行している。
【0003】
しかしながら、インターネット電話はパーソナルコンピュータ上で予めインターネット電話のソフトウェアをダウンロードして、その後アカウントおよびパスワードを設定しなければ、使用することはできない。このような手順はコンピュータ操作に習熟していない者にとっては、煩雑で難しいものである。
これだけでなく、インターネット電話システムではアカウントおよびパスワードをコンピュータ中に記憶できるが、他人または公用コンピュータでインターネット電話をかけたい場合には、これらデータを新たに入力しなければならず、もしアカウントおよびパスワードを忘れてしまうと、他人または公用コンピュータでインターネット電話をかけることはできなくなる。
【0004】
また、通常インターネット電話をかける際には、使用者は音声通信として、コンピュータに接続するヘッドフォンおよびマイクロフォンを組み合わせなければならない。同時に、使用者はコンピュータに接続するマウスを組み合わせて、発呼相手先の氏名の選択およびインターネット電話の発呼制御を行う必要がある。

【効果】

【0010】
本考案のインターネット電話無線制御装置では、インターネット電話のソフトウェアおよび個人パラメータデータを格納するとともに、ネットワーク装置に挿入された後、個人パラメータデータの認証にてエラーがなければ、前記ソフトウェアの実行を開始する。
したがって、本考案では、
1.煩雑な手順でインターネット電話のソフトウェアをダウンロードしなければならない。
2.アカウントおよびパスワードを忘れてしまうと、他人または公用コンピュータを用いてインターネット電話をかけることができなくなる。
といった既存のインターネット電話における欠点を効果的に解決することができる。
【0011】
同時に、本考案におけるインターネット電話無線制御装置は、前記インターネット電話のソフトウェアにおける発呼相手先の選択機能およびインターネット電話の発呼機能、および音量制御機能を無線制御することができる。よって本考案では、
3.ヘッドフォン、マイクロフォンおよびマウスを組み合わせる必要があり、コンピュータ周辺のみでしか使用できない。
といった既存のインターネット電話における欠点を効果的に解決することができる。
【0012】
上記した概略的説明および下記する詳細な説明はいずれも例示的な性質であって、これは本考案の登録請求の範囲をより詳細に説明するためのものである。本考案におけるその他目的および長所は、後述する説明および図面にて詳細に説明する。

(57)【要約】

【課題】制御装置がネットワーク装置に挿入されるとインターネット電話システムのソフトウェアが実行を開始するインターネット電話無線制御装置を提供する。【解決手段】インターネット電話システムのソフトウェアが搭載されている制御装置本体と、前記制御装置本体に挿入され電気的に接続されるブルートゥースコントローラとを備えたインターネット電話無線制御装置である。前記制御装置本体がネットワーク装置に接続されると、前記制御装置本体は直ちに前記ソフトウェアを読み取り、前記インターネット電話システムの機能を実行する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):