(54)【考案の名称】携帯式ブルートゥース音声拡張装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図6B

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は一種の携帯式ブルートゥース音声拡張装置に関する。特に一種のブルートゥース携帯電話端末と無線通信を行うことができ、しかも音声拡張方式ハンズフリー通話と有線イヤホーン方式ハンズフリー通話の機能を備える携帯式ブルートゥース音声拡張装置に係る。

【従来の技術】

【0002】
ブルートゥースは低コスト、低消費電力の短距離無線通信技術で、あらゆる個人モバイル通信設備に広く応用されている。ブルートゥース技術は無線伝送の機能を利用し、ブルートゥースイヤホーン、携帯電話端末、腕時計、或いはいは直接、手指上に装置する通信器の設計に用いることができる。これら製品はブルートゥースチップを内蔵するだけで、無線伝送が可能で、さらにはインターネット接続とe−mail送受信機能を提供することができる。
【0003】
市販されているブルートゥースイヤホーンはたくさんの種類があるが、多くはブルートゥース携帯電話端末と対応し使用される。使用者はブルートゥースイヤホーンを装着し、標準周波数でブルートゥース携帯電話端末と双方向コミュニケーションを行うことができる。いつでもどこでも、使用者はブルートゥース技術の無線伝送機能を用い、電話をハンズフリーで受けることができる。
【0004】
公知のブルートゥースイヤホーンとブルートゥース携帯電話端末の通信構造図である図1に示すように、公知のブルートゥース通信構造において、ブルートゥース通信技術によりブルートゥース携帯電話端末60の着信音声情報50はブルートゥースイヤホーン40に無線伝送される。該ブルートゥースイヤホーン40は伝送しようとする音声情報52をブルートゥース通信技術により該ブルートゥース携帯電話端末60に無線伝送し、双方向音声伝送を行う。こうして、使用者は各種場所で電話を受信する時、ハンズフリー携帯電話端末の効果を達成することができる。
【0005】
図1に対応し、公知のブルートゥースイヤホーン内部回路のブロックチャートであるである図2に示すように、着信時には、該ブルートゥースイヤホーン40中の無線通信ユニット401は遠方のブルートゥース携帯電話端末60から伝送されて来る着信音声情報50を受信し、該着信音声情報50はコントローラー402に伝送され処理される。該コントローラー402の処理を経て、該音声情報50は該イヤホーン404により送出され、使用者ははっきりと聞き取ることができる。
【0006】
同時に、使用者は該マイク403を通して応答の音声情報52を該コントローラー402に伝え、該応答の音声情報52は該コントローラー402により処理された後、該無線通信ユニット401に伝送され、該無線通信ユニット401により該応答の音声情報52は遠方のブルートゥース携帯電話端末60に送られ、双方向の音声伝送を完成する。こうして使用者は各種場所において電話を受ける時、ハンズフリー携帯電話端末の効果を達成することができる。
【0007】
しかし、長時間ブルートゥースイヤホーン40を装着していると、耳の疼痛を引き起こし、不快感を催す。
さらに、着信があった時、該ブルートゥースイヤホーン40は1人の使用者にのみ通話を受けさせることができ、第三者或いは多数の人が通話に参加することはできない。これでは日常生活或いは仕事における通話の品質及び通話ニーズが大きく減じられてしまう。
【0008】
よって、該ブルートゥース携帯電話端末60と無線通信が可能な携帯式ブルートゥース音声拡張装置を設計し、該ブルートゥースイヤホーン40ユーザーの長期にわたる切実なニーズに応える。同時に、通話の機密保持性を備えるイヤホーンを携帯式ブルートゥース音声拡張装置中に統合し、通話の品質をさらに向上させ、通話のプライバシーを確保し、使用者は通話内容に応じて適した通話方式を選択することができる。
尚、従来のブルートゥースイヤホーンとブルートゥース携帯電話端末については、特許文献1に記載されている。

【効果】

【0011】
上記のように、本考案の携帯式ブルートゥース音声拡張装置は音声拡張ハンズフリーとイヤホーンハンズフリーの二種の通話方式を提供し、使用者が長時間ブルートゥースイヤホーンを装着することによる耳の疼痛と不快感を改善することができる。
同時に、ブルートゥースイヤホーンが一人だけが受話、通話可能で、第三者或いは多数の人が通話に参加できなかった欠点を改善することができる。よって、本考案は人々の生活上或いは仕事上の通話品質及び通話ニーズに莫大な助けと利便を提供することができる。
同時に、多人数での通話においてプライバシーが露出し易い点を考慮し、通話のプライバシー保持機能を備えるイヤホーンを本考案の携帯式ブルートゥース音声拡張装置中に統合し、さらに通話の品質を向上させ、通話のプライバシーを上げ、こうして使用者は通話内容に応じて適した通話方式を選択することができる。

(57)【要約】

【課題】携帯式ブルートゥース音声拡張装置を提供する。【解決手段】ブルートゥースモジュールはブルートゥース通信装置と無線通信を行い、音源信号を送出する。音源切換えモジュールはブルートゥースモジュールに連接し、音源信号を受信する。スピーカーは音源切換えモジュールに連接する。コード収納ユニットはコード槽、コードリール、通信コード、渦巻き型バネを設置し、コードリールと渦巻き型バネはコード槽に可動設置される。通信コードはコードリールにおいて巻設され、通信コードは渦巻き型バネの作用を受け、引き伸ばされ或いは巻き取られる。また通信コードの一端は音源切換えモジュールに連接し、反対端はイヤホーンに連接する。判断ユニットは音源切換えモジュールとコード収納ユニットに連接し、判断ユニットは通信コードの引き伸ばし或いは巻設に基づき、判断信号を発信し音源切換えモジュールに提供し、音源信号の切換えを制御する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):