(54)【考案の名称】ソーラパネル付き二次電池

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【課題】
既存の乾電池(単一形・単二形・単三・単四形)のアルカリまたはマンガン電池は、一度使い切ると再利用が不可能である。またニッカド等の二次電池は、充電のための装置と充電の為の電源が必要である。
【解決手段】
本案は既存の乾電池(単一形・単二形・単三・単四形)の乾電池の外形寸法および機能を満たし、円筒状および多面柱の外装に、太陽光を受光するソーラパネル(1)を形成し、内部には繰り返し充電し使用可能な二次電池(2)と充電の制御回路(3)を一体化した。ソーラパネル付き二次電池である。
【使用方法】
本製品は既存の乾電池と同様に電気機器に入れて使用し、電池を使い切ったら機器より取り出し放置することにより、光エネルギーを電池の外装に形成したソーラパネルにて、自動的に充電し繰り返し使用する。野外や車中等で充電装置を使わずに、簡単に充電が可能である。

(57)【要約】

【課題】一般に使用されている乾電池(アルカリ・マンガン電池)は、一度使い切ると廃棄され、廃棄処理のコスト高や環境汚染となっている。一方ニッカド等の二次電池は、充電の為の装置や電源が必要である。【解決手段】 本案は乾電池(単一形・単二形・単三・単四形)の外形寸法および機能を満たし、円筒状または多面柱の外装部に光を受光するソーラパネル(1)を形成し、内部には繰り返し充電し使用可能な二次電池(2)と充放電を制御する回路(3)を一体化した、ソーラパネル付き二次電池である。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):