(54)【考案の名称】釦貼付用シール

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は自分の存在する場所と位置を周囲に知らせることを目的として、暗い場所においても、わずかな光をも反射して光る機能を有して、着ている洋服の釦に貼り付けられるシールに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
夜間の道路や建物の工事中の場所などの警備員や監視員と、夜間に活動する警察官などの制服の一部に、自分自身を守るため車のヘッドライトを反射して、万が一の事故から回避できるよう安全確保を目的として縫い込まれている特殊な繊維を見受けることができるが、一般人のためのものは特に見当たらない。

【効果】

【0005】
釦が反射して光ることによって、人が存在していることが瞬時に判断できるので、万が一の事故を回避するために役立つことにより、歩行者と車の運転者の双方が得られるメリットは大きい。

(57)【要約】

【課題】携帯が簡単で貼付が容易に行え、いつでもどこでも使用ができて、しかも不要の際にはシールを剥がすことにより元通りの釦に戻る。万が一の危険を避けるために歩行者、運転者の双方が得られるメリットが大きい釦貼付用シールの提供。【解決手段】歩いている人が車の運転者に対して存在を早めに認知させることで、双方が接触するような事故が避けられるよう、礼服を着て歩いている人の釦の部分に光を反射する機能を有したシールを提供する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):