(54)【考案の名称】前二輪後一輪の携帯型三輪自転車

(73)【実用新案権者】有限会社中央レジャー産業

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、手軽に持ち運びできて椅子代りにも使用することのできる前二輪後一輪の携帯型三輪自転車に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
携帯型の自転車は、種々出願され公知されているが、一般的には前後各一輪の自転車であって、折り畳んだり、分離したりしてコンパクトにするための各種手段が施された自転車が提案され、公知されている。例えば電動補助自転車の車体フレームを容易に折り畳み、切り離しできるような手段が施された自転車(特許文献1参照)や携帯自転車(特許文献2)が開示され、公知されている。
【0003】
又、前輪を2輪、後輪を1輪とし、ペタル,スプロケット及びチェーン等を介して前輪を駆動する3輪自転車において、前輪の出力軸は差動歯車装置を介してその左右に設け、該出力軸の左右端部にユニバーサルジョイントを設けると共に該ユニバーサルジョイントにより揺動自在に連結駆動される車輪軸及び車輪を設け、また前輪が方向転換できるようにハンドルより連結操作するリンク装置を左右の各車輪軸に連結させたことを特徴とする前2輪の前輪駆動3輪自転車及び差動歯車装置(特許文献3)が開示され、公知されている。
【0004】

【効果】

【0007】
上記手段にて記載するような本考案によれば以下に記載するような効果を奏する。
すなわち、
1.駆動される後輪が一輪の三輪自転車であるから、複雑で重量の嵩む差動歯車装置は必要とせず、軽量化が図られ、三輪自転車の携帯化を図るのに好適であると共に、三輪車特有の安定走行が得られる。
2.二つの前輪の車輪と車輪の間隔幅の調整設定が可能で後方への折り畳みが可能で、ハンドルやサドルを支持する支柱が回動自在であると共に伸縮自在であり、且つハンドルの片方がハンドルを支持する支柱に沿うように折り畳み可能に装着されるから、コンパクトに縮め、アタッシュケース等に収納して携帯するのに有効となるほか、前二輪の間隔幅の調整により安定スタンドと安定走行が得られる。
3.サドルは、フラットな可撓性の板材を円筒体の上部に載置し、該円筒体の外形に沿って逆U字状に曲げられた形状とフラットな板材の形状が保持されるように構成されるから、安定スタンドの状態でフラットな座台の椅子代りに使用でき、自転車としての走行に供する時は、逆U字状に曲げたサドルとして使用することができる。
4.後輪軸の左右両端にスプロケットを設け、該スプロケットと噛み合う円形チェーンが円板状プレート内側面に円形に固定されるから、チェーンが伸びたりして垂むようなことがなく、且つ円板状プレートで円形チェーンが被覆されるから、チェーンが露出することなく、チェーンに付着した油等で汚れたり、チェーンに巻き込まれたりするのを防止するのに好適となる。
5.中空の後輪軸の外径部にベアリングを介して円筒軸を嵌合させ、該円筒軸の円周斜め方向に溝を穿設して、該溝にマグネットを取付けたピンの両端部を移動可能に係合されて戻しバネの捩り力で引き寄せられ、前記後輪軸の回転トルクにより前記ピンを移動させて、後輪軸の中空部に離間させて設けたマグネットとマグネットセンサーを近接させることにより、後輪軸の回転トルクを検出してモーターを起動させるようにした電動アシスト化が図られる。

(57)【要約】

【課題】複雑な差動歯車装置を必要とせず、サドルを座台とする椅子代りにも使用することができ、電動アシストすることも可能な前二輪後一輪の携帯型三輪自転車を提供する。【解決手段】前輪1が二つの車輪、後輪2が一つの車輪で、後輪2をペタル3,3の足踏みにより駆動させる三輪自転車であって、ハンドル4を支持する支柱5,5Aと、サドルを支持する支柱7,7Aが伸縮自在にして任意の高さ位置で設定可能なストッパー8,8,・・・付きの中空パイプ嵌合体で構成され、前輪1を回転自在に支持して構成された支持アーム9が後方へ折り畳み可能にして前記ハンドル4を支持する支柱5に取付け固定されてなる。後輪2は、後輪軸の両端に設けられたスプロケット2Aを、延出端にペタル3,3を設けた円板状プレート3A,3Aに取付け固定された円形チェーン3Bに噛み合わせて駆動させる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):