(54)【考案の名称】太陽エネルギー供給装置

(51)【国際特許分類】

H01L 31/052

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本発明は、太陽エネルギー供給装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
今日、公知の太陽エネルギー供給装置は、平板式の太陽電池が太陽の自然の光を受けて発電する。この方法には大きな面積の太陽エネルギーチップで光エネルギーを収集しなければならない。

【効果】

【0010】
本発明の太陽エネルギー供給装置は、下述の利点がある。光重畳反射鏡は、一個以上の傾斜平面もしくは一個以上の傾斜円弧面の光重畳反射鏡ユニットを連接固定して形成するか、もしくは楕円放物線面、もしくは錐体から構成された環状光重畳反射鏡を採用し、太陽光反射線のすべてが太陽エネルギーチップの被照射面に当たる。それは大面積の太陽光が小面積の太陽エネルギーチップ上に光反射、集光、投射を行い、太陽エネルギーの利用率を高め、公知の技術と比較して高い製造コストを節約する。加えた光重畳反射鏡ユニットの材料は廉価なプラスチック電気メッキ材、ステンレス板、鏡面を採用し、製造コストを大幅に下げ、市場競争力を高める。太陽エネルギーチップの被照射面は、下向きで外に防護カバーが設置されて埃や鳥の糞等各種汚染物から被照射面を保護し、光重畳反射鏡は、環状もしくは中空の楕円放物線面設計で、風を避け、排水されやすく、太陽エネルギーチップの寿命を延ばす。本発明の太陽エネルギー電池は風力発電機に結合して運用し、戸外に置いて日夜間断なく電気を供給することができる。

(57)【要約】

【課題】太陽エネルギー供給装置の提供。【解決手段】太陽エネルギー供給装置の光重畳反射鏡は一個以上の傾斜平面もしくは一個以上の傾斜円弧面の光重畳反射鏡ユニットを連接固定して形成するか、もしくは一楕円放物線面もしくは錐体から構成される環状光重畳反射鏡を採用し、太陽光反射線は太陽エネルギーチップの被照射面上すべてに当たる。大面積の太陽光が小面積の太陽エネルギーチップ上に光反射、集光、投射し、太陽エネルギーの利用率を高め、公知の技術と比較して、製造コストの高い電池板を節約する。加える光重畳反射鏡の材料は廉価なプラスチック電気メッキ材、ステンレス板、鏡面材を採用して製造コストを大幅に下げ、市場競争力を高める。本発明の太陽電池は風力発電機に結合して運用し、戸外に設置して日夜間断なく電気を供給することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):