(54)【考案の名称】リモコン発信機用の飾り具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、エアコン、室内灯、テレビ、ビデオ、オーディオ、パソコン、電子ゲーム器等電気機器のリモコン発信機用の飾り具に関する。

【従来の技術】

【0002】
従前、エアコン等電気機器のリモコン発信機は、飾り付けシールを貼るとか、下げ飾を着ける等の方法で装飾されているだけで、装飾性が乏しく室内調度品として味気ないところがあった。
【0003】
又、この種、リモコン発信機は、紛失を防止するために壁等に据付けられたリモコンホルダーに収納することで使用されることが多い。
【0004】
しかしながら、斯かる使用の場合、リモコンをホルダーからいちいち手に持ち替えて操作しなればならない煩わしさがあった。
【0005】
前記煩わしさを払拭する手段として、従前、持ち替え操作を省けるようにと言うことで、壁等に据付けられるホルダーに反射部を設けたものが、〔特許文献1〕〔特許文献2〕により開示されている。
【0006】
それにしても、リモコン発信機は何処へでも自由に移動できるのに、ホルダーは、壁に据付けられていて他の場所へは移動できないものであるため、次のような問題があった。
(1)リモコンがテーブルや机の上、ベッドの傍ら等に所謂置去り状態にされたときには、ホルダーに設けた反射部の機能を有効に利用できない。
(2)前記置去り状態が紛失につながる。
(3)手に持ち、向きを調節してから操作する必要があった。
(4)リモコンが依然として前記したような装飾性の乏しさ、室内調度品として味気なさがあった。
(5)ホルダーの位置替え時には壁等に痕跡が残る。

【効果】

【0019】
請求項1の考案によれば、飾り部と、該飾り部に設けられたリモコン発信機への取付部と、該飾り部に設けられたリモコン発信機の発光方向変換部とを備えたことを特徴とするので、リモコン発信機に任意に取付けることによって、装飾性を高め、室内調度品としての味気なさを解消し、しかも使用場所が限定されない使用ができると共に、リモコン発信機を手に持たずに操作することを可能にできる。
【0020】
請求項2の考案によれば、前記発光方向変換部は、発光方向調整部を有しているので、請求項1の考案に記載の効果に加え、発光方向調整部を適宜操作することで最適な反射光の向きを選択できる。
【0021】
請求項3の考案によれば、前記発光方向変換部は反射体であるので、請求項1又は2の考案に記載の効果に加え、簡略な構成で、最適な反射光を簡易に得ることができる。
【0022】
請求項4の考案によれば、前記反射体の反射面は、平面、凹面、凸面、凹凸面から選択された一つ以上で構成されているので、請求項3の考案に記載の効果に加え、特定の反射光指向範囲を備えた製品を提供できる。
【0023】
請求項5の考案によれば、前記反射体は、反射面をもつレンズ若しくはプリズムであるので、請求項3の考案に記載の効果に加え、特定の反射光指向範囲を備えた製品を提供できる。
【0024】
請求項6の考案によれば、前記取付部は、接着面、クリップ、キャップ部から選択された一つ以上で構成されているので、請求項1乃至5のいずれかの考案に記載の効果に加え、リモコン発信機への装着が困難なく容易にできる。
【0025】
請求項7の考案によれば、前記発光方向調整部は、折曲された形状を保持する折曲可能部であるので、請求項2乃至6のいずれかの考案に記載の効果に加え、折曲可能部を介して発光方向調整操作が手軽にできる。
【0026】
請求項8の考案によれば、前記発光方向調整部は、前記飾り部の中心を通る軸と平行する縦軸を中心に回転する縦軸回転構造であるので、請求項2乃至6のいずれかの考案に記載の効果に加え、前記縦軸回転構造を介して発光方向調整操作が手軽にできる。
【0027】
請求項9の考案によれば、前記発光方向調整部は、前記縦軸に交叉する横軸を中心に角度を変える横軸回転構造であるので、請求項2乃至6のいずれかの考案に記載の効果に加え、前記横軸回転構造を介して発光方向調整操作が手軽にできる。
【0028】
請求項10の考案によれば、折り曲げて手放したときに該折り曲げ状態を保持する形状保持部は前記飾り部に設けられ、この形状保持部が前記発光方向調整部とされたので、請求項2乃至6のいずれかの考案に記載の効果に加え、前記形状保持部を介して発光方向調整操作が手軽にできる。
【0029】
請求項11の考案によれば、前記発光方向変換部は光ファイバーで構成され、該光ファイバーの発光端面は前記折曲可能部、前記縦軸回転構造、前記横軸回転構造、前記形状保持部のうちの一つ以上により発光方向調整される構成にされたので、請求項2又は7乃至10のいずれかの考案に記載の効果に加え、安直な使い方ができる立体形状飾り部をもつ、高級感のある好体裁な製品の提供に好適である。

(57)【要約】

【課題】リモコン発信機に任意に取付けることによって、装飾性を高め、室内調度品としての味気なさを解消できる新規のリモコン発信機用の飾り具を提供する。【解決手段】飾り部12と、該飾り部に設けられたリモコン発信機10への取付部と、該飾り部に設けられたリモコン発信機の発光方向変換部15とを備え、該発光方向変換部が折曲された形状を保持する折曲可能部、若しくは回転された形状を保持する回転可能部等の発光方向調整部を有し、前記発光方向変換部が平面、凹面、凸面、凹凸面の反射面をもつ反射体であり、前記取付部が、接着面、クリップ、キャップ部から選択された一つ以上で構成されていることを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):