(54)【考案の名称】ゴルフ用傾斜角度測定装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はゴルフ用傾斜角度測定装置に関するものであり、ゴルフボールの位置からカップまでの傾斜角度を的確に測ることができ、それによりパッティングの判断ができ、ゴルフボールをカップに入れる基準をより正確に定めることができる。

【従来の技術】

【0002】
一般的にゴルフをする際、ボールがグリーンに乗った後、パターを使いボールをカップへ入れるが、その際、適当なパッティングの力配分と的確な傾斜角度の判断が極めて重要である。グリーンは丘状で、一定の起伏がある為、ゴルフボールの位置とカップ間の的確な傾斜角度とパターの力配分が、打数の多少に関わり勝負の鍵となる。今までの判断方式として、通常、プレイヤーはグリーン上のボールとカップまでの傾斜角度を目で観察し、パターを行なっていたが、目だけの観察では的確な傾斜角度を判断することが難しく、ボールをカップに入れる基準を正確に定めることができず、プレイが困難なものになってしまいがちであった。

【効果】

【0008】
本考案のゴルフ用傾斜角度測定装置によれば、実際にゴルフをする際、地面に差し込み、透明な台座の気泡21の位置を確認することで、ゴルフボールの位置からカップまでの傾斜角度を的確に測ることができ、パッティングの判断ができ、ゴルフボールをカップに入れる基準をより正確に定めることが出来る。

(57)【要約】

【課題】目だけでは判断しにくいゴルフボールの位置からカップまでの傾斜角度を的確に測ることができ、それによりパッティングの判断ができ、ゴルフボールをカップに入れる基準をより正確に定める。【解決手段】円盤状の中空構造の台座1と、その底に適当な長さの挿し込み脚11がついており、挿し込み脚11の先端は球状の蓋が設けられた開け口111が設けられており、円盤状の台座1の表面は透明で中が透けて見えるようになっており、挿し込み脚の先端から液体を注ぎ入れ、球状の蓋で密封すると気泡が形成される構造を持った傾斜角度測定装置であり、実際にゴルフをする際、地面に差し込み、透明な台座の気泡21の位置を確認することで、ゴルフボールの位置からカップまでの傾斜角度を的確に測る。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):