(54)【考案の名称】保護シート付き往復葉書

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、郵便葉書で秘匿すべき情報を郵送する際に用いるものであり、特に往復葉書用に使用することを目的としたものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、秘匿すべき情報を含む内容を通常の葉書で郵送する場合は再貼り付け不能な保護シールを貼り付けることによって不特定な外部への秘匿すべき情報の漏洩を防止するものが用いられている。 しかし、この方式は往復葉書によって着信時に該秘匿すべき情報を確認して返信するごとき場合には使用することがことは出来ない。 従って該葉書と剥離紙付きの再貼り付け不能な保護シールを封書によって送付することとなっていた為に大量の件数を処理する為には、封筒への挿入工数及び郵送費に多くの費用を費やしていた。

【効果】

【0006】
本考案は、これまで困難だった往復葉書の秘匿すべき情報の保護を可能にするものであり、更に封書による場合に比べて封筒への挿入工数及び郵送費を大幅に縮小できるものである。

(57)【要約】

【課題】往復葉書で秘匿すべき情報を含む内容を郵送する場合に不特定な外部への秘匿すべき情報の漏洩の防止に関するものであり、これまでの安易な再貼り付け可能な保護シールによる防犯機能の低下を改善し、封書としての発送による封入費及び郵送費を節約する。【解決手段】秘匿すべき情報の記載された紙面上に剥離紙付きで秘匿すべき情報の記載エリアを覆うのに充分な面積を有する再貼り付け不能な保護シート2の上に置き、前記保護シートより大きいサイズの再貼り付け不能な保護シート3を重ねて貼り付ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):