(54)【考案の名称】複数の身体データを測定できる携帯電話

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は主に携帯電話であり、特に複数の身体データを測定できる携帯電話を指す。

【従来の技術】

【0002】
ますます情報化が進められてきた今頃、携帯電話はすでに日常生活で不可欠な存在になっている。人間は毎日たくさんの時間を使い携帯電話で話し、携帯電話は毎日必ず使う日常用品とも言える。一方、医学の進歩につれ、治療できない病気は数少なくなってきた今頃、日常生活で常に自分の健康を注意して、各身体データの変化の裏に潜められている情報を読み取れば、早めに病気を発見できるし、病気の完治にも役に立つ。
【0003】
上述の携帯電話及び健康の関係から考えれば、携帯電話は毎日必ず接触するものであるため、携帯電話を各身体データの監視に活用すれば、人間は毎日自分の健康状況を効率的に知ることができる上に、常に自分の健康を注意することもできる。
本考案はこれらの特徴を利用して、簡単かつ便利な状況において、常に自分自身の健康を注意できる措置を提案する。

【効果】

【0007】
本考案は複数の身体データを測定できる携帯電話であり、その中には以下が含まれる。携帯電話本体、その内部には回路装置が設置されている。また、当該携帯電話本体にはセンサーを少なくとも一つ設置し、身体データの測定に用いられ、利用者が利用するときの接触するところに設置されている。当該センサーが手と接触すると、測定が開始し、その後、測定済のデータが当該回路装置に転送される。当該回路装置はデータを受け取ってからディスプレイ装置を通して携帯電話のディスプレイに表示する。これにより、使用者は携帯電話を使用すると同時に、自然で簡単に複数の身体データを測定することが可能になる。

(57)【要約】

【課題】複数の身体データを測定できる携帯電話の提供。【解決手段】携帯電話本体、その内部には回路装置が設置されている。また、当該携帯電話本体にはセンサーを少なくとも一つ設置し、身体データの測定に用いられ、利用者が利用するときの接触するところに設置されている。当該センサーが手と接触すると、測定が開始し、その後、測定済のデータが当該回路装置に転送される。当該回路装置はデータを受け取ってからディスプレイ装置を通して携帯電話のディスプレイに表示する。これにより、使用者は携帯電話を使用すると同時に、自然で簡単に複数の身体データを測定することが可能になる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):