(54)【考案の名称】記録内容を印字するための媒体及び印字媒体

(73)【実用新案権者】株式会社しんきん情報サービス

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、記録内容を印字するための媒体および記録内容が印字された印字媒体に関し、特に、媒体に対する記録内容の印字ミスを簡単且つ有効に防止できる媒体および印字媒体に関する。

【従来の技術】

【0002】
通常、所定の媒体に対してその媒体に適合する記録内容を印字する場合、例えば規定の用紙に対してその用紙に対応する所定の情報を印字する場合には、印字ミスが生じないように様々な対策を講じる必要がある。特に、複数種類の用紙に対して複数の異なる情報を選択的に対応付けて印字する場合には、相当の注意が必要であり、一般的には、以下のような段階的な工程が踏まれる。
【0003】
すなわち、まず、複数種類の用紙の中から印字しようとする対象の用紙を選択する。そして、その選択した用紙を印字装置にセットするとともに、その用紙に合ったセット位置であるかを目視で確認する。その後、用紙に対して印字を施し、印字内容および印字位置を目視で確認する。
【0004】
こうした比較的複雑な印字環境下で扱われる媒体としては、例えば、取引明細、請求額の内容、預金残高などの記録内容(帳票)が印字される帳票用紙などが挙げられる。

【効果】

【0013】
本考案によれば、印字媒体に対して媒体情報バーコードと確認情報バーコードとが設けられているため、これらの相対的な位置および情報の対応関係から印字位置および印字内容の正否を簡単に判定できる。そのため、媒体に対する印字状態を簡単且つ確実に検出することができ、印字ミスの防止に大きく寄与し得る。また、本考案によれば、記録内容を印字するための媒体に対して媒体情報バーコードが設けられているため、媒体情報バーコードに対応させて記録内容と共に確認情報バーコードを印字することにより上記作用効果を得ることができる。

(57)【要約】

【課題】記録内容の印字状態を簡易な手法で確実に検出でき、印字ミスの防止に寄与し得る媒体および印字媒体を提供すること。【解決手段】所定の記録内容Sが印字された印字媒体1は、媒体に関する情報を示す媒体情報バーコード15と、媒体上における印字状態を確認するための確認情報バーコード18とが記録内容Sと共に印字されている。媒体情報バーコード15および確認情報バーコード18は、媒体1の所定の一辺8に沿う2つの隅10,11にそれぞれ印字されており、媒体1上でほぼ同一直線上に位置されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):