(54)【考案の名称】リング式資料ファイル

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、リング状の綴じ具に段(山とも呼ばれる。)の付いた見出し用紙(インデックスともいう。)と文字を書くための記録用紙(ルーズリーフともいう。)を綴じ込み、見出し用紙で仕切られた記録用紙の上に任意の文字を記録しておくために用いるファイルで、その背表紙に背見出しカードを挿入したり、背見出しラベルを貼付したりできるようになっている、通常、「リングファイル」とか「バインダーノート」とか呼ばれる「ファイル」の構造と組合せに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来のリングファイルの見出し用紙の段(山)と背見出しカード又は背見出しラベルはすべて白紙であり、資料の分類検索のための索引とする「見出し語」を印字したものはなく、ユーザーがファイルを使う時点で、その都度、自ら必要と思われる任意の見出し語を工夫して書き込んでいる。また、ファイルの中に綴じ込むのはルーズリーフと呼ばれる葉状の記録用紙だけである。(非特許文献1)。
【0003】
また、書類や切り抜き等の資料を、確実かつ自由に保存するため、資料の着脱を手軽で容易にしたファイルとして、ページに添付剤を塗って切り抜き等を貼付するか、ビニール製の袋状のページを用意して資料を収納するものが提案されている(特許文献1)。
【非特許文献1】「株式会社ネットオフィス(電話052−324−7261)」発行のカタログ「Kaunet第11号」(324頁,325頁、333頁、335頁及び525頁)。

【効果】

【0011】
本考案によるリング式資料ファイルによれば、「主語」に該当する46個の「資料の分類検索のための見出し語」を考案し、それらを予め各索引に印字して置くことによって、ファイルの使用当初から資料の保管を確実に整理して行うことができ、また、この整理された保管に基づいて、後日その資料を確実容易に検索することができる。

(57)【要約】

【課題】ファイルの使用当初からストーリーを含むあらゆる資料の分類保管を確実に整理でき、後日、その資料を確実容易に検索することができるリング式資料ファイルを提供する。【解決手段】資料の中に必ずある主題及び「主語」に着目し、「主語」に該当する46個の「資料の分類検索のための見出し語」をそれぞれの段4に印字した46枚の「見出し用紙1」によって仕切られたそれぞれの部分に「資料を挿入するための袋状用紙2」と「資料のストーリーと所在を記録するための記録用紙3」を挿入し、前記の全用紙を2本のリング5で装着しておくことによって、後日必要になると思われる資料そのものの保管または資料のストーリーと所在の記録を可能にし、後日、特定の資料が必要になったら、必要になった資料の主題の中にある「主語」を想定して、「主語」に該当する「見出し語」の部分から、或いはその部分の記録を見て資料を取り出すことを可能とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):