(54)【考案の名称】携帯端末

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、鏡を備えた携帯端末に関し、特に携帯端末の外観を損なうことなく鏡を備えた携帯端末に関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、携帯電話の普及が進み、ほとんどの人々が携帯電話を持つようになった。そして、携帯電話の機能が充実し、通話のみならず携帯電話により、インターネットへの接続やデータ送受信も行えるようになった。このような状況の助けもあり、携帯電話の所有者は必ずと言っていいほど携帯電話を携帯して外出する。
【0003】
このような状況の中、従来、携帯電話の背面に取り付けるための両面テープを裏面に貼着し表面を鏡面とした鏡本体と、この鏡本体とほぼ同形で鏡本体の一端に開閉自在に軸支された蓋とを備えた携帯電話用鏡が提案されていた(例えば、特許文献1参照。)。携帯電話用鏡は携帯電話の筐体の所定の面に貼り付けて使用する。これにより、別途鏡を携帯しなくても携帯電話さえ携帯していれば、鏡を使用できる。

【効果】

【0011】
本考案によれば、携帯端末に鏡を備えても携帯端末の外観を損なわないという優れた効果を奏し得る。

(57)【要約】

【課題】携帯端末の外観を損なわない態様で携帯端末に鏡を備えさせた携帯端末を提供する。【解決手段】携帯端末の一形態である携帯電話100における筐体11には、鏡面を備えた鏡面部21を収容する鏡面収容部13が設けられている。鏡面部21は、開口部14から鏡面収容部13の内外へスライド移動することができる機構となっている。同様に携帯電話100における筐体12には、鏡面を備えた鏡面部22を収容する鏡面収容部15が設けられている。鏡面部22は、開口部16から鏡面収容部15の内外へスライド移動することができる機構となっている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):