(54)【考案の名称】改ざん防止印鑑登録証カード

(73)【実用新案権者】パイオニア事務器株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、各自治体が発行する印鑑登録証カードであって、偽造、改ざんを防止できるようにした改ざん防止印鑑登録証カードに関する。

【従来の技術】

【0002】
各自治体では、その自治体に所属する個人が印鑑登録をすると、印鑑登録証カードを発行する。この印鑑登録証カードは、個人の資産管理のためにきわめて重要なカードであり、偽造、改ざんされると個人情報の漏洩や犯罪に繋がるという課題がある。

【効果】

【0005】
本考案改ざん防止印鑑登録証カードは、センターコア層の表面に表面印刷層を設け、センターコア層の裏面に裏面印刷層を設け、表面印刷層の表面に表面ラミネート層を設け、裏面印刷層の裏面に裏面ラミネート層を設けてあり、上記表面印刷層が、地紋、細紋等の模様層の変色パールインキ層とその他の印刷層の2層からなるから、地紋、細紋等の模様層の変色パールインキ層の偽造、改ざんがきわめて困難であり、偽造、改ざんができない改ざん防止印鑑登録証カードを提供できる効果がある。

(57)【要約】

【課題】 容易に偽造、改ざんされることのない新規な改ざん防止印鑑登録証カードを提供する。【解決手段】 センターコア層1の表面に表面印刷層を設け、センターコア層11の裏面に裏面印刷層を設け、表面印刷層の表面に表面ラミネート層5を設け、裏面印刷層の裏面に裏面ラミネート層15を設けてあり、上記表面印刷層が、地紋、細紋等の模様層の変色パールインキ層3とその他の印刷層4の2層からなることを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):