(54)【考案の名称】ソーラーパネルの改良構造

(51)【国際特許分類】

H01L 31/052

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】新光利科技國際股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ソーラーパネル(太陽エネルギー板)の改良構造に関するものであって、特に、球状レンズを有するソーラーパネル構造に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
太陽エネルギーは、豊富、安全、無汚染のエネルギー源であり、現在の資源が欠乏しつつある地球にとって、最適な新エネルギー源である。
【0003】
多く見られるのは、太陽エネルギーを電気エネルギーに転換する方式で、光電半導体薄片、つまり、ソーラーパネルにより達成され、その作動方式は、太陽光照射を受け、大量の自由電子を生成し、電子の移動により電流を生成するものである。
【0004】
しかし、単一のソーラーパネルが出力できる電流は限りがあり、発電量を増加させるために、直列と並列方式の組み合わせで大面積のソーラーパネルモジュールとしてパッケージする必要がある。
【0005】
要求に基づいてソーラーパネルモジュールの組み立てを実行することができるが、これでは、ソーラーパネル全体の体積が過大になり、且つ、天然の太陽資源を利用したい者に多くのコストを費やさせる。
【0006】
この他、ソーラーパネルモジュールが更に多くの太陽光の照射を受けられるようにするため、ソーラーパネルモジュールを適当に旋転させて、太陽光の方向を追跡し、更に多くの電気エネルギーを獲得する。
【0007】
しかし、このような構造の要求下で、モジュール組み立ての材料とパッケージ工程コストがかかるだけでなく、ソーラーパネルモジュールを駆動して転向させる素子も必要とするので、一般の使用者は太陽エネルギー資源の利用を面倒に感じる。
【0008】
よって、本考案は、駆動転向素子を必要とせずに各方向の太陽光を受けることができるソーラーパネル構造を提供し、上述の問題を解決する。

【効果】

【0023】
本考案のソーラーパネル構造は球状レンズを有して、各種角度からの太陽光線を受けて太陽エネルギーチップに到達させ、太陽エネルギーを電気エネルギーに転換する効率を大幅に向上させ、太陽光ソースを追跡する転動素子が不要で、且つ、ソーラーパネルに必要な太陽エネルギーチップの数量を大幅に減少させることができ、よって、太陽エネルギーを利用するのに必要なコストを減少させ、利用率と普及を増加させる。

(57)【要約】

【課題】太陽の追跡手段が不要な、小型で効率的なソーラーパネルの改良構造を提供する。【解決手段】太陽エネルギー改良構造を提供し、基板と太陽エネルギーチップをパッケージするパッケージ層上に各方向角度からの太陽光を受ける球状レンズを設置し、各方向の太陽光を皆太陽エネルギーチップに入射させ、ソーラーパネルの効率を大幅に向上する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):