(54)【考案の名称】往復葉書

(73)【実用新案権者】株式会社 オルパ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、例えば、ダイレクトメートや、招待状等として好適な往復葉書に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、この種の往復葉書としては、例えば、特許文献1に示すような往復はがきが開示されている。
そして、これは、郵便はがきの規格縦寸法と同等の縦寸法を有し且つ郵便はがきの規格横寸法の四倍の横寸法を有する用紙を、その横方向に四等分されるように交互に山谷を成す三本の折り目を入れて葛折りにし、その中央の折り目により左右に振り分けられた郵便はがき大の用紙重合部における折り目以外の各辺を袋綴じ状に貼着し、これにより一方の用紙重合部を発信用はがきとし且つ他方の用紙重合部を返信用はがきとして宛て名欄を設けたものである。
【0003】

【効果】

【0008】
従って、請求項1記載の往復葉書によれば、展開状態の折畳みシートBをかなり大きく形成することが可能となり、その情報量をかなり増大させることができるようになり、例えば、ダイレクトメートや、招待状等として好適な往復葉書となる。
しかも、構成が簡素で、量産し易く、経済的な往復葉書となる。
特に、往信葉書1と返信葉書2を開いてから、折畳み状態の折畳みシートBを展開状態とするので、興趣に富むものとなる。
更に、折畳みシートBは、その接着前にあっては往復葉書本体Aと別体として構成されると共に、折畳み状態のときには往復葉書本体Aで保護されるため、薄く形成することが可能となる。すなわち、往復葉書の強度や体裁等を配慮して、往復葉書本体Aを比較的厚く形成したとしても、折畳み状態の折畳みシートBを薄く形成できるようになるので、往復葉書全体を比較的薄く、軽量に、且つコンパクトに形成することができるようになる。
【0009】
また、請求項2記載の往復葉書によれば、これを往復郵便はがきの最低料金で送ることができるようになり、大量に送る場合にはより経済的な往復葉書となる。

(57)【要約】

【課題】情報量をかなり増大でき、ダイレクトメートや、招待状等として好適で、興趣に富み、折畳みシートを薄く形成でき、往復葉書全体が薄く、軽量に、コンパクトに形成でき、構成が簡素で、量産し易く、経済的な往復葉書を提供する。【解決手段】往信葉書1と返信葉書2を二つ折り自在に連設した往復葉書本体Aと、往信葉書1裏面に接着する折畳みシートBとからなり、往復葉書本体Aは、周縁部分に配した接着部3を介して往信葉書1裏面と返信葉書2表面とを剥離可能に接着すると共に、折畳み状態の折畳みシートBを往信葉書1と返信葉書2で挟むように形成し、折畳みシートBは、複数のシート小片5を谷折り線6や山折り線7を介して縦横に連設して形成すると共に、複数のシート小片5が略重合状に折畳み、展開自在となるよう形成し、折畳みシートBの表面や裏面には、宣伝広告や伝達情報等の適宜情報を表示する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):