(54)【考案の名称】ラベル用紙

(73)【実用新案権者】山京インテック株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、識別情報を印字されてプラスチックコンテナに貼付されるコンテナラベルの作製に用いられるラベル用紙に関する。

【従来の技術】

【0002】
製品等搬送用のプラスチックコンテナに対し、その内容物や搬送先等を識別するために、識別情報を記載したコンテナラベルを貼付することが広く行われている。
【0003】
通常、このようなコンテナラベルは、プリンタを用いて専用のラベル用紙に識別情報を印字することによって作製される。従来のラベル用紙は、表面を印字面とし裏面にプラスチックコンテナと接着するための貼着面部を具備する紙製基材と、該紙製基材の貼着面部と仮着する剥離紙とからなる。そして、かかるラベル用紙から作製されたコンテナラベルは、剥離紙を剥がした後、貼着面部を介してプラスチックコンテナの表面に貼付される。

【効果】

【0018】
以上に述べたように、本考案のラベル用紙によれば、作製されたコンテナラベルをプラスチックコンテナから引き剥がす際に、プラスチックコンテナの表面に粘着剤が残り難く、作業者がプラスチックコンテナの表面に残留した粘着剤に悩まされることがなくなる。

(57)【要約】

【課題】接着力が強く、且つ、作製したコンテナラベルを引き剥がす際に粘着剤がコンテナ表面に残留し難いコンテナラベル用ラベル用紙を提供する。【解決手段】ラベル用紙1を、表面を、識別情報を印字するための印字面とし、コンテナラベルとなる領域の裏面にプラスチックコンテナと接着するための貼着面部3が形成された紙製基材2と、該紙製基材2の貼着面部3と仮着する剥離紙4とで構成し、前記貼着面部3を、紙製基材2の裏面に、ドット状をなす粘着剤aを、略等間隔に分散配置してなるものとした。かかるラベル用紙1によれば、作製したコンテナラベルを引き剥がす際に、粘着剤aが長時間引っ張られず、粘着剤aが凝集破壊をおこし難い。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):