(54)【考案の名称】袋綴じ構造

(73)【実用新案権者】大日本印刷株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、雑誌や書籍等に別刷りの折丁を綴じ込むための袋綴じ構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、雑誌や書籍等にあっては、別刷りの折丁(複数の用紙片を折り畳んだ印刷物)を綴じ込むことがあり、この場合、綴じ込んだ折丁に対する店頭での立ち読みを防止するため、袋綴じが利用される。本出願人は、種々の袋綴じ構造を提案している。例えば、下記特許文献1においては、外々四つ折りタイプのものや巻折りタイプのもの等を提案している。
【0003】

【効果】

【0012】
本考案の袋綴じ構造によれば、外々四つ折りされる袋綴じを簡易に作製することができる。

(57)【要約】

【課題】外々四つ折りされる袋綴じを簡易に作製することができる袋綴じ構造を提供する。【解決手段】袋綴じ構造は、同一方向に連接された第1用紙片1〜第4用紙片4を各用紙片の境界で外々四つ折りされて作製される。連接方向における第1用紙片1の長さa及び第4用紙片4の長さdは、同方向における第2用紙片2の長さb及び第3用紙片3の長さcよりも長く、第1用紙片1の端部11と第4用紙片4の端部12は、直接接着される。さらに第2用紙片2は、第1用紙片1に対して仮接着される。また、第1用紙片1と第4用紙片4には、それぞれミシン目16,17が形成されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):