(54)【考案の名称】撮像装置

(73)【実用新案権者】寶▼徳▲科技股▼ふん▲有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、撮像装置に係わり、特に、携帯し易く、電子装置にある所定の挿入槽と接続でき、且つ、電子装置が提供する撮像装置取付位置および被撮像人物の所在位置に応じて、ビデオ撮像の視角を調整し、被撮像人物を画像撮り入れ範囲に入れる撮像装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
科学技術の進歩及び日進月歩に伴い、インターネット通信は、既に新世代の人々にとって不可欠になっており、電子装置(例えば、ノートパソコン、卓上型パソコン、ゲーム機、PDA装置または携帯電話)の使用も、文書処理や単純な文字の電子メールの送受信、音声通話およびPCゲームの機能のみに限られず、撮像装置の撮像および電子装置関連ソフトの搭載により、グローバルな地域とのネット通信やオンラインチャットやオンラインミーティングやオンラインゲーム対戦などを直接行うことができるようになった。このように、撮像装置はクリアーで便利なメディアを提供できるだけでなく、たくさんの産業利用価値も生み出し、個人または会社に広く愛用されるため、撮像通信の不可欠な器材になっている。
【0003】
しかしながら、インターネットによるオンライン通信は、先ず、撮像装置で撮像し、さらに、取り込んだ画像を電子装置関連ソフトで処理し、画像をワイヤレスLANやbluetooth通信などの方式で伝送しなければならないので、撮像装置は、先ず、電子装置に接続され、電子装置を介して画像出力を行わなければならない。現在市場で開発されている撮像装置は、主に支持部材を有し、該支持部材上にボール型ビデオカメラが設けられ、該ボール型ビデオカメラの側端に伝送ケーブルが延設され、該伝送ケーブルの末端にUSBコネクタが設けられ、該USBコネクタを介して電子装置における対応する挿入槽に接続され、これによりボール型ビデオカメラで撮った画像が該電子装置を介して表示でき、さらに伝送される。
【0004】
しかし、前記従来の構造は、実際に実施する時、以下のような欠点がある。
1、一般の電子装置、例えばノートパソコンは、その配置した挿入槽の位置が、普通、ホストの側縁に位置しているため、従来の撮像装置が好適な撮像角度を取るためには、通常支持部材を表示パネルに係着し、伝送ケーブルの末端に設けられたUSBコネクタを挿入槽に接続していた。しかしながら、従来の撮像装置は制限された視角が問題であり、挿入槽に直接接続できず、先に良好なビデオ撮像位置に固定し、さらに延設された伝送ケーブルを介して差込まなければならないため、取り付けが面倒で、かつ細長い伝送ケーブルがノートパソコンの使用に際して邪魔で、ケーブルが絡まる問題が発生することもあり、使用者の迷惑になっていた。
2、従来の撮像装置は、支持部材および伝送ケーブルを配備しなければならないため、体積が大きく、携帯し難く、特に、伝送ケーブルが絡まり易く、断線の恐れもあるため、携帯には不便であった。撮像装置の最も大きな特色は、様々な互換仕様の電子装置に合せて、リアルタイムにメディア機能を供給できることであるが、、撮像装置を容易に携帯することが出来なければ、ホットプラグができず、その訴求すべき便利な機能及び市場価値が大きく低下されることになってしまう。
3、従来の撮像装置は、その画像撮りの高さ及び角度の調整が、支持部材の配置位置を移動しなければ達成できず、非常に不便であった。
【0005】
そのため、本考案者は、前記従来の撮像装置が実際に使用する際の問題点を鑑み、長年以来この領域で積み立てた経験により、専念な観察かつ研究をし、やっと合理な設計且つ前記の問題点を有効に改良できた撮像装置を提案した。

(57)【要約】

【課題】携帯や接続がし易く、かつ取付位置および被撮像人物の所在位置に応じて、ビデオ撮像の視角を調整でき、被撮像人物を画像撮り入れ範囲に入れることができる撮像装置を提供する。【解決手段】本考案に係る撮像装置は、側端に第1の接続部11が設けられた第1の本体1と、一端が第1の本体1に枢着した枢着部材2と、枢着部材2の他端に枢着し、第1の本体1に電気的に接続された第2の本体3と、第2の本体3に電気的に結合された撮像ユニット4とを含む。前記構造において、第1の本体1の第1の接続部11を所定の電子装置に電気的に差込むことにより、第1の本体1を固定させ、且つ、枢着部材2を介して、第2の本体3を第1の本体1に対して回転させ、撮像ユニット4の視角を調整する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):