(54)【考案の名称】ラジオ周波数認識のシステム

(73)【実用新案権者】普誠科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、コンピュータコミュニケーション技術に関し、特に、ラジオ周波数認識(RFID)のシステムに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
携帯機器の発展に伴って、小型、軽量となり、カードが各種のトランザクションに益々用いられ、よって、電子製品、カードなど、個人が携帯するアイテムも増えている。1つのアイテムがなくなっても、再びそれが必要になる時まで気がつかないことがある。また、異なるアイテムが異なる場合に必要であり、それに合わせて常にアイテムを確認するのは、手間が掛かる。
【0003】
PDA、または携帯電話によって提供されるメモ、または類似の機能は、アイテムの名称を保存するように用いられることができるが、アイテムの名称は、手動入力しなければならず、それがなくなっていないかどうかを確認しなければならなく、アイテムがなくなった場合、それに対応する警報が提供されない可能性がある。個人が携帯するアイテムの管理を支援するには、現在のPDAまたは携帯電話は、限りがある。

【効果】

【0008】
本考案のRFIDシステムは、携帯機器の中に統合され、異なるセッションの必要なオブジェクトがあるかどうかを検出することができる。また、検出のタイミングと周波数は、時間設定に基づいて調整されることができ、無線通信範囲も調整されることができる。

(57)【要約】

【課題】 RFIDシステムとその制御方法を提供する。【解決手段】 起動された時、無線通信範囲内の第1タグの識別コードを受ける読取機、時間設定と第2タグの識別コードを保存するメモリ、および前記時間設定によって指示された規定時間に前記読取機を起動することで前記第2タグが前記無線通信範囲内に存在するかどうかを判定するプロセッサを含む。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):