(54)【考案の名称】左官用鏝

(73)【実用新案権者】有限会社エクステリア・ワンハーフ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、左官材料の塗布や仕上げに用いる左官用鏝であって、柄部が鏝板部と着脱可能に構成された左官用鏝に関する。

【従来の技術】

【0002】
モルタルなどの左官材料を塗布する場合、様々な鏝が用いられている。例えば、荒壁用、中塗用、仕上塗用などの種類があり、また、用途によってもレンガ鏝、目地鏝などがあり、その形状、大きさは様々なものがある。
このように、左官工事では、建築工事や塗装下地工事などの工事の種類、工程、段階、用途に応じて、異なる種類の鏝が必要なる。
そのため、左官工事をする場合には、様々な種類の左官鏝を持ち歩き、現場やその工程に応じてこれを使い分ける必要がある。
したがって、どの現場でどの鏝が必要になるか分からないため、工事をする者は様々な種類の鏝を持ち運び、その場に応じた鏝を選択して左官工事を行っていた。
【0003】
このような場合、鏝は、通常、鏝板部に柄部が一体となった状態であるため、これを持ち運ぼうとすると、鏝を運ぶための専用の道具箱が必要となり、大変かさばって持ち運びが面倒であった。
特に、鏝は種類によって、様々な大きさ、形状のものがあるため、うまく重ねたり、組み合わせることで、かさばらずに効率的に運ぶことは大変難しかった。
【0004】
このような問題を解決するため、鏝板背面と柄部との間に着脱可能なジョイント部を設け、このジョイント部が鏝板から延び出た軸部と嵌合し、これを工作機械用ドリルチャックにより、ハンドルで回して締め付けることで、鏝板と柄部とを固定する構造が提案されている(例えば、特許文献1参照)。
【0005】

(57)【要約】

【課題】 鏝板部と柄部とが分離でき、柄部を共通化することで、持ち運びも効率的にできると共に、柄部の着脱が簡単で、またモルタル等がジョイント部分に付着しないようにする左官用の鏝を提供する。【解決手段】 鏝板部1と柄部2とを有し、鏝板部1には、先端近傍に係合部11aを有する軸部11が設けられ,柄部2には、軸部11が嵌合するジョイント部材3を有し、ジョイント部材3の中空穴31内に配置され、軸部11の係合部11aに係合する係合部材32が設けられており、軸部11が中空穴31内に挿入され、係合部材32が係合部11aに係合することにより、柄部2が鏝板部1と連結されると共に、係合部材32が軸11の係合部から離脱することで、柄部2を鏝板部1から分離可能とすることとした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):