(54)【考案の名称】トレーニング具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、持久力や筋力等の基礎体力の向上、および脳のトレーニング等のための手脚を使ったトレーニングが簡単に行えるようにしたトレーニング具に関する。

【従来の技術】

【0002】
人間は、一般の行動において、頭の中でイメージしている動きと、実際の動きには常に誤差が生じていることが多い。しかし、それを自覚する機会が少ないため、自分が思っているイメージに動いていると錯覚している人が多いのが実情である。
【0003】
その反面、イメージした動きと実際の動きとがマッチングしたときには、身体と脳とは活性化されて身体の動きが劇的に変化すると考えられている。従来では、このような活性トレーニングを行うために、梯子状のトレーニング具であるラダー、あるいはミニハードル、さらにはミニコーン等の種々の器具を使用することが知られている。

【効果】

【0008】
本考案によれば、軽くて嵩張らず、持ち運びに便利であり、しかも屋外でも屋内でも使用可能とし、また脚、手・腕等を選択的に、またその組合せを自在にしたトレーニングパターンを豊富なものとし、これらの実施によって身体と脳との連動性をさらに向上させ、これらを活性化できる。
【0009】
すなわち、これは本考案が、指示に従って指定された符号Nや色を手脚でタッチするよう互いに色の異なる円板それぞれに当該円板の色と異なった色による符号Nを順番に付して成るトレーニング指示体1を備えたからであり、これにより、トレーニング指示体1に対する手・腕等によるタッチの先後、脚のステップ、それらの選択その他に基づくトレーニングパターンが豊富なものとなり、身体と脳との連動性を従来よりも増したものとし、さらにそれを向上できる。
【0010】
トレーニング指示体1は、トレーニング場において円形状、四角形状、直線状またはランダム状に配置され、指定された符号Nや色の順にタッチ動作を行うか、または所定の動作パターンで符号N順にタッチ動作を行うトレーニングパターンを可能にしているので、場所を採らずに簡単に各態様でトレーニングすることができる。しかも、ステップ動作、タッチ動作の領域、先後、それらの選択その他の組合せは豊富であり、従来よりもトレーニングパターンを大幅に増やすことができる。また、これら色の異なるトレーニング指示体1を同時に使用することにより、色の識別機能を養うことができるトレーニングパターンを増やすことができ、身体と脳の連動性をさらに一層向上させることができる。
【0011】
また、例えば子供の体力調整力の向上、高齢者の転倒予防、健康維持の向上、脂肪燃焼や減量等のダイエット、スポーツ選手のパフォーマンスの向上、パーティーでの対戦型ゲームとしての使用等のように様々なトレーニング具として利用することができ、これによって敏捷性、脳の活性化、判断力の向上、筋持久力、バランス感覚、リズム感覚の向上、心肺機能の向上等が可能となる。
【0012】
トレーニング指示体1は、柔軟性および滑り防止性を有するシリコンラバーシート材によって形成されているので、軽くて持ち運びに便利であり、しかも屋外や屋内での使用に際し、怪我をせずに気楽に安心してトレーニングすることができる。
【0013】
尚、上記の課題を解決するための手段、考案の効果の項夫々において付記した符号は、図面中に記載した構成各部を示す部分との参照を容易にするために付したもので、図面中の符号によって示された構造・形状に本考案が限定されるものではない。

(57)【要約】

【課題】軽くて嵩張らず、持ち運びに便利であり、しかも屋外でも屋内でも使用可能であり、トレーニングパターンが豊富なトレーニング具を提供する。【解決手段】指示に従って指定した数字等の符号Nや色を手脚でタッチするよう互いに色の異なる円板それぞれに当該円板の色と異なった色による符号Nを順番に付して成るトレーニング指示体1を備える。トレーニング指示体1は、トレーニング場において円形状、四角形状、直線状、またはランダム状に配置し、指定した符号Nや色の順にタッチ動作を行うか、または所定の動作パターンで符号N順にタッチ動作を行うかのトレーニングパターンを可能にする。また、トレーニング指示体1は、柔軟性および滑り防止性を有するシリコンラバーシート材によって形成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):