(54)【考案の名称】会葬礼状

(73)【実用新案権者】株式会社グリーンハウス

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、会葬者に渡される会葬御礼挨拶状および返礼品カタログを書状にセットして簡素化された会葬礼状に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、会葬出席時に喪主からの御礼の意を込めた香典返しとしての返礼品が送られる。
返礼品は喪主側があらかじめ用意する品物に限っており、会葬者側にとって本意では無い贈り物になりがちであり、また、会葬者が帰路に着く際の手荷物として非常に不便なものである。
【0003】
そこで、返礼品を持運びに便利な小さなサイズとし、また、会葬者に手渡されるはがきに印刷された1つか2つの限られた返礼品を選択できる会葬礼状が公知である。
しかし、これらは、例えば婚礼時の引出物等に見られるカタログギフト等とは一線を画し、会葬者側の選択の余地は少ないものであった。
この種の会葬礼状は、例えば特許文献1〜特許文献3に開示されている。

【効果】

【0006】
本考案によれば、会葬礼状本体が略はがきサイズの為、非常にコンパクトで会葬者の帰路の手荷物として煩わしさを与えない。また、中片の右側に有し、中片と同じ大きさで形成された右片表面には喪主家名を、前記右片をめくり、中片左側に有した左片には会葬御礼挨拶文を記するため、会葬礼状としての構成を簡素化することができる。
【0007】
また、中片下部に設けたポケットに商品申込用はがきとカタログを挿し込む構造をとることにより、前記カタログより会葬者である受取人が返礼品を自由に選択可能である。
【0008】
更に、返礼品の選択用カタログの大きさを、中片に設けられたポケットよりやや小さいサイズで作成するのみの制約で、適宜、該カタログの厚さを考慮すれば、該カタログの項数、即ち会葬者が選択可能な返礼品の品数の制限を減らすことが可能である。
【0009】
カタログの編集内容に関し、掲載商品の金額を香典の金額に応じた内容で編集し、会葬者に会った返礼が可能である。数種類の金額に応じた内容のカタログを用意しておくだけで、葬儀場で瞬時に会葬者に手渡すことも可能である。
また、カタログの編集内容は会葬者の趣味趣向や、老若男女などを考慮して変えるのも一案である。

(57)【要約】

【課題】会葬の返礼品を受取人側で自由に選択できるようにし、且つ、コンパクトで簡素化された会葬礼状の提供。【解決手段】書状4を中片41、右片41、左片42から構成し、左片42表面に会葬御礼挨拶文を、右片41表面に喪主家名を記し、中片41の下部にポケット5を設け、該ポケット5に商品申込用はがき2と商品を掲載したカタログ3を重ねて挿し込み、左片42を内側にして右片41を重ね折りする。これにより会葬礼状本体が略はがきサイズの為、非常にコンパクトで会葬者の帰路の手荷物として煩わしさを与えない。また、中片の右側に有し、中片と同じ大きさで形成された右片表面には喪主家名を、右片をめくり、中片左側に有した左片には会葬御礼挨拶文を記するため、会葬礼状としての構成を簡素化することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):