(54)【考案の名称】結婚披露宴席次表

(73)【実用新案権者】有限会社アズマ印刷

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、結婚披露宴席次表に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
結婚式とは冠婚葬祭の中で最も華やかなイベントであり、新郎新婦及び親族、知人、友人等の多数の列席者にとっても一生忘れる事の出来ないイベントである。
結婚披露宴では宴会場における列席者の座席を指定するために結婚披露宴の席次表が準備され列席者に配布される。この席次表はただ配列を表示するだけではなく宴席を飾り盛り上げるための恰好の品となり、席次表の与える印象は新郎新婦及びその親族の印象となりやすい。
従来の席次表は、表紙面と裏面はあらかじめ用意された用紙を使用する為ありきたりのデザインとなっていた。
しかし、席次表は単に席次を表示するためだけのものではなく、結婚式を盛り上げる道具として活用する必要がある。
【0003】
そのために考案されたものとして例えば、下記の文献がある。

【効果】

【0006】
結婚披露宴席次表に、プロフィール及び当日配膳される料理名を記載すると共に、数十種類用意された「イラスト」「ロゴ」「ロゴ用書体」を組み合わせた物を印刷することにより、新郎新婦2人の良好なイメージを列席者に与える事を醸成することが可能であり、数十種類用意された「イラスト」「ロゴ」「ロゴ用書体」を組み合わせる事により数百通りの表表紙及び裏表紙が出来る事になる。数百通りの表表紙及び裏表紙が出来ることにより、セミオーダー品として2つと無い結婚披露宴席次表が出来る。
また、受注生産のためコストを抑えると共に在庫のストックを大幅に削減することが可能となる。

(57)【要約】

【課題】 本考案は、オリジナルのイラストや写真によって結婚する2人の個性を前面に押し出すと共に、従来は数種類の在庫を所有する事により掛かっていたコストが受注生産にする事により、大幅にコストを削減する事を目的とした、結婚披露宴席次表である。【解決手段】 結婚式の披露宴に用いられる会場内の席次表に於いて、席次表配列印刷面(B面)の反対面(A面)を、両側から4分の1づつ山折し、その4分の1づつ折込んだA面の一方の片面には新郎新婦の挨拶やその日のメニュー等を入れ、もう一方の片面にはプロフィールや写真・イラスト等を入れ、A面の残り2分の1を表紙面とし、該表紙面には数十種類用意されたイラストの中から新郎新婦が選んだイラストを印刷し、その2分の1を表表紙として、数十種類用意された「書体」から選んだ「書体で作ったロゴ」が入り、残り2分の1を裏表紙として表紙面で新郎新婦が選んだイラストを印刷し、A面の真中より山折して4分の1の大きさとした、結婚披露宴席次表。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):