(54)【考案の名称】着脱式の遠近両用メガネ焦点調節具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、メガネフレームのブリッジ部分を上方に向かって押し上げるタイプの着脱式遠近両用メガネ焦点調節具である。

【従来の技術】

【0002】
遠近両用メガネを装着しての近方視の際、あごを前に出しながら見たり、手で
メガネを持ち上げながら見たりしている。

【効果】

【0005】
上述の様に従来の技術に比べ本考案は、焦点を合わせる為の調整の際メガネを取り外す必要が無く、片手によりワンタッチで着脱が出来る為、遠近両用共に焦点を合わせる事が極めて簡単である。また、構成素材が少なく形状と共に極力簡素化していることも特徴である。

(57)【要約】

【課題】 本考案は、片手によりワンタッチで着脱が出来る遠近両用メガネ焦点調整具を提供する事により簡単に、かつ確実に焦点を合わせる事が可能な様にし、目・鼻への負担軽減を計り、楽な作業姿勢が取れる様にする。【解決手段】 鼻あて帯から上方に伸びている支持体を、遠近両用メガネフレームのブリッジ下側から押し上げるように差し入れ、その後鼻あて帯を鼻の上に固定する。これにより、メガネ自体が上方へ持ち上がり近方視側レンズに容易に焦点を合わせる事が可能となって問題点を解決している。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):