(54)【考案の名称】幼児用傘保持具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図5

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、傘をさして歩行する幼児を同伴者が容易に補助することができる幼児用傘保持具に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来は、雨の日に幼児を歩行させる場合には、幼児が自ら傘をさして雨を避けなければならず、傘をさし慣れない幼児にとっては大きな負担となっていた。特に、強い風が吹いた場合には、傘が飛ばされてしまったり、傘が引っ張られて不安定となり、幼児が転倒してしまったりする危険性があった。
【0003】
そこで、幼児用傘の石突部分を掴み易い形状に形成する方法が公開されている(例えば特許文献1参照)。この方法によれば、幼児の持つ傘が風等によって不安定になった場合であっても、同伴者がその石突部分を掴んで幼児用傘を安定させることができる。
【0004】

【効果】

【0016】
以上説明したように、本考案は、棒状体の一端を幼児用傘に取り付け、他端を同伴者が保持することにより、幼児がさす傘を常に安定して保持しておくことができる。また、ハンドル部が回動可能であるために、同伴者がより自然な体勢で幼児用傘を保持することができる。また、取り付け部が回転自在であるために、幼児の急な動きにも柔軟に対応することができる。さらに、ハンドル部が同伴者の持つ傘に取り付けられることにより、同伴者は両手を塞ぐことなく幼児用傘を保持することができ、同伴者の負担を軽減することができる。

(57)【要約】

【課題】幼児用傘を常に安定して保持しておくことができ、幼児の負担を軽減し、また、幼児が危険にさらされるのを防ぐことができる幼児用傘保持具を提供する。【解決手段】棒状体4の一端にハンドル部2を有し、他端に幼児用傘10の石突に取り付けるための取り付け部3を有することとした。同伴者が本考案にかかる幼児用傘保持具1を用いて、その取り付け部3を幼児用傘10の石突に取り付け、ハンドル部2を同伴者が保持することにより、幼児がさす幼児用傘10を常に安定して保持しておくことができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):