(54)【考案の名称】鏝板

(73)【実用新案権者】有限会社井上商会

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、壁の下塗、上塗り等に使用する左官用具に関するものであり、詳細には、土、漆喰、モルタル等の壁面の表面を滑らかに仕上げたり、煉瓦の積目を接合する際に鏝と併用する鏝板に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来より、この種の左官用の鏝板は、土、漆喰、モルタル等の壁面の表面を滑らかに仕上げたり、煉瓦の積目を接合する際に、塗材を載せて運んだり、塗材をあわせたり、或は、壁に当てて使用するものであり、一般には、天然素材である木製の板材が多く使用されている。また、この種の鏝板には、把持部が必須の構造となっている。
【0003】
ところが、把持部を鏝板に固定する場合、例えば、実公昭40−006056号公報のように表面側から釘や螺子等で固定すると、長期に亘る作業で釘や螺子の露出を招き、塗材の均し作業に悪い。また、従来の方法で製造される鏝板は、大量生産に適していないために高価である等の欠点を有していた。(特許文献1参照)

【効果】

【0018】
本考案の鏝板は、載置部を設ける基板を積層構造とし、この基板に設けた凹陥部に立設した柱体を介在して形成したため、簡素で且つ堅牢な鏝板を提供することができる。従って、この種の左官用具を低コストで且つ短時間で製造できる画期的で且つ有意義な考案である。

(57)【要約】

【課題】主に合成樹脂製の鏝板へ滑止部を形成することにより、左官作業中の塗材の落下防止を効果的に図り、その結果、この種の左官作業の効率化に貢献する鏝板を提供する。【解決手段】表面に塗材の載置部を設けた基板1と、該基板の裏面に固着された把持部2とで形成された鏝板において、前記基板の裏面側を少なくとも二層構造とすると共に、表面側の一層へ貫通孔を設けて凹陥部を構成し、該凹陥部へ両端に平坦面を有する柱状体を形成し、該柱体へ前記把持部を固定する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):