(54)【考案の名称】メッセージボード(商品名:RUBURU・ルブル・るぶる)

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
ステンレス面を美しくアピールする為にシルク印刷を施し、キメの細かい、傷のないヘアーライン加工しシンプルな素材を生かしたものとしている事とプラスチック棒とメッセージボードの脱着に吸盤を利用し、吸着の持続時間をアロマオイルにて一層高めている。

【従来の技術】

【0002】
従来は、紙・プラッスチ製で、破れたり・壊れたりで、記念に残す事が難しかった。

【効果】

【0005】
従来、贈ったその場だけの単なる贈り主が分かる程度のものであった。本考案は真の贈り主からの気持ちを保持して、又他の目的にも利用が出来る多目的なものである。
【考案の目的】
【0006】
花・贈答品・御祝・記念品等との折、心を込めて相手に気持ちを伝え、又その後も記念に残し利用して欲しいという願いを感じてもらう事が出来る。

(57)【要約】

【課題】贈答時の一時的な物だけでなく、贈り主の思いを残せ、インテリア的にも利用できるメッセージボードを提供する。【解決手段】材質にステンレス板を使用したハート型又は正方形の板1,2に、表には英文字をデザインした文字を、裏面には護符のマークをシルク印刷し、板の上部には多目的利用を考え、細いピン棒が入るくらいの穴を開けた板を花束等の贈りものと一緒に、プラスチック棒頂部に装着された吸盤にて取り付け贈るメッセージボードであり、贈られた後はプラスチック棒を外せば、セットになっているボード立てに立てられ、メッセージカードとしてだけでなく、記念プレートやインテリアとしても利用可能なメッセージボード。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):