(54)【考案の名称】養生ラベル

(73)【実用新案権者】株式会社ケー・シー・シー・商会

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は主として、保守点検作業等において、電気設備等の養生状態を表示して注意を喚起するほか、配線の解、結線作業時の目印として使用する養生ラベルに関する考案である。

【従来の技術】

【0002】
従来、電気設備等の保守、点検中であることを表示する手段として、全面に粘着剤を塗布した養生ラベルが使用されている。一般的な表示ラベルにおいて、剥離の容易性その他の要求によって、粘着剤の一部の粘着性を無くする糊殺しを施すことは知られている。特開2002−99215号公報には、帯状に形成された剥離紙上に糊殺し面を有するラベルが一定ピッチで配置されるものが開示されている。また、特開2003−43926号公報には、ラベルの接着剤層に部分的に接着を阻止する層を積層し、壜の洗浄等に際して容易に剥離することができる易剥離性ラベルの発明が開示されている。

【効果】

【0007】
請求項1記載の本考案養生ラベルによれば、ラベル5の表面に必要な表示を記載して、養生ラベルとして使用すると、ラベル5の裏面に塗布した粘着剤2によってラベル5を必要な所に貼着することができる。このとき、非粘着領域6では、粘着剤によって貼着されていないため、貼着されているラベル5を剥がす場合に、非粘着領域6部分を利用して、容易に引き剥がすことができる。そして、一枚のシート1に多数配置されるラベル5、5には、剥離台紙3に貼着された状態でプリンターを用いて支障なく印刷することが可能となる。すなわち、ラベル5に印刷する場合に、全てのラベル5、5の粘着縁8が先頭となるように剥離台紙3に貼着されたシート1の用紙送りを行えば、シート1に形成されたラベル5が捲くれて紙詰まりを生じるようなことなく上がることなく、プリンターによって安心して表示を印刷することができる。
【0008】
請求項2記載の考案によれば、シート1に形成された個々のラベルの、剥離台紙3に対する貼着力が大きくなるため、プリンターによる印刷に際して、不用意にラベル5が捲れる可能性がより少なくなるとともに、剥離台紙3に貼着されたシートの取り扱いが容易なものとなる。

(57)【要約】

【課題】電気設備等の保守点検作業に際し、養生状態を表示する養生ラベルに関し、着脱が容易であるとともに、ラベル表面にプリンターを使用して表示を印刷することができるようにする。【解決手段】剥離台紙3の上に、裏面に粘着剤を塗布した一枚のシート1を貼着し、シート1に切り込み線4を設けることによって複数のラベル5、5として分離させて使用することができるようにする。そして、切り込み線4によって囲われるラベルの一部に、粘着剤による粘着を阻止する非粘着領域6を形成する。非粘着領域6が四周の1又は2辺の外周に達するようにして非粘着縁7を形成する。そして、シート1に配置される全てのラベルは、非粘着領域6が外周に達しない粘着縁8のみで形成される少なくとも1の辺を同一方向に位置させて配置する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):