(54)【考案の名称】ラベル記録紙

(51)【国際特許分類】

G09F 3/02 ・形状 構造

(73)【実用新案権者】株式会社新盛インダストリーズ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、小物商品にも容易に貼付することができるラベルを帯状の台紙に一定間隔をもって仮着されたラベル記録紙に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、小物商品が販売される場合は、小物商品が小分けされてポリ袋などに一定量が収納され、このポリ袋に商品情報が印字されたラベルが貼付された状態で店頭に陳列されている。
【0003】
このように小分けされた小物商品が収納されたポリ袋の開口部が、商品情報が印字された吊り下げラベルによって接合されている。また、この吊り下げラベルの中央部に吊り下げリングが形成され、この吊り下げリングに陳列棒が引っ掛けられて小物商品が陳列されている吊り下げラベルが知られている(特許文献1)。

【効果】

【0008】
請求項1に係るラベル記録紙によれば、帯状の台紙に一定の間隔をもってラベルが仮着されたラベル記録紙において、前記ラベルは、ラベル高さが低い部分と高い部分とが形成され、該ラベル高さが高い部分の上下部分の中央部に折り曲げ部が設けられていると共に、該折り曲げ部から前記ラベル高さの高い部分が折り曲げられて貼り合わされたときの高さが、前記ラベル高さの低い部分と同一に又はより高くなっているので、ラベル高さの高い部分の上下部分を折り曲げ部から折り曲げてラベル高さの高い部分の裏面の接着剤層がはみ出さないようにきれいに貼り合わせることができる。また、ラベル高さの低い部分を小物商品に容易に貼付することができるので、小物商品を一個ずつ消費者が購入することができる。さらに、貼り合わせることによって貼り合わせ部分の腰が強くなって波を打つことがなくなるので、この貼り合わせ部分に印字されたバーコードをバーコードスキャナ等で容易にしかも正確に読み取ることができる。
【0009】
請求項2に係るラベル記録紙によれば、帯状の台紙に一定の間隔をもってラベルが仮着されたラベル記録紙において、前記ラベルは、ラベル高さが低い部分と高い部分とが形成され、該ラベル高さの高い部分の左右部分の中央部に折り曲げ部が設けられているので、前記請求項1に係るラベル記録紙と同様な考案の効果を有する。また、ラベル高さの低い部分の高さ方向と平行に折り曲げ部が設けられているので、折り曲げ部からラベル高さの高い部分が左右に折り曲げられて貼り合わされたときの幅は、ラベル高さの低い部分のラベル高さに関係なく任意の大きさにすることができる。

(57)【要約】

【課題】小物商品であっても一個ずつ消費者が購入できるように、小物商品一個ずつに貼付することができるラベルが台紙に一定の間隔をもって仮着されたラベル記録紙を提供しようとするものである。【解決手段】ラベル3には、ラベル高さの低い部分3aと高い部分3bとが形成されている。そして、ラベル3の平面のラベル高さの高い部分3bの上下部分の中央部には折り曲げ部3cが破線で表示され、ラベル高さの高い部分3bが折り曲げ部3cで上下に折り曲げられる。ラベル3を鉛筆6に貼付させる場合は、先ずラベル高さの低い部分3aを鉛筆6に巻回させ、次にラベル高さの高い部分3bを折り曲げ部3cで上下に折り曲げてラベル高さの高い部分3bの裏面を貼り合わせる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):