(54)【考案の名称】組立て用ラベルセット及び組立て用ラベルセット連続体

(51)【国際特許分類】

G09F 3/02 ・形状 構造

(73)【実用新案権者】大阪シーリング印刷株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、複数の部品を用いて製品を組み立てる場合に使用する組立て用ラベルセット及びこのような組立て用ラベルセットを分離可能な状態で連続して形成した組立て用ラベルセット連続体に係り、複数の部品に対して対応するラベルを適切に貼付させることが簡単に行えるようにすると共に、全ての部品が適切に使用されて製品が組み立てられたかを簡単に確認できるようにした点に特徴を有するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来から、複数の部品を用いて製品を組み立てるにあたり、各部品に対してそれぞれ対応するラベルを貼付し、このようにラベルが貼付された複数の部品を適切に選択して製品を組み立てることが行われている。
【0003】
ここで、例えば、図1に示すように、4種類の部品1A〜1Dにそれぞれ対応するラベル2a〜2dを貼付させ、このようにラベル2a〜2dが貼付された4種類の部品1A〜1Dを用いて製品を組み立てる場合において、上記のように各部品1A〜1Dに対してそれぞれ対応するラベル2a〜2dを貼付させるにあたっては、一般に図2に示すように、各ラベル2a〜2dをそれぞれ剥離シート3上に連続して形成した4種類のラベル連続体2A〜2Dを製造し、このように製造された4種類のラベル連続体2A〜2Dにおける各ラベル2a〜2dをそれぞれ対応する部品1A〜1Dに貼付させるようにしている。
【0004】
しかし、このように複数のラベル連続体からそれぞれ対応する部品にラベルを貼付させる作業は面倒であり、特に部品の種類が多くなると、ラベルを誤った部品に貼付したり、ラベルを貼付し忘れるなどの貼付ミスが多くなる共に、このような部品を用いて製品を組み立てる場合に、全ての部品が揃っているかの確認が面倒であり、製品を組み立てる際に一部の部品が抜けたりするという問題があった。
【0005】
また、複数の異なったシールを設けるものとして、従来においては、裏面に粘着層が設けられた表面シートに、付加事項を記入する複数の吹き出しシールと、日付等を記入する日付シールと、タイトル等を記入するタイトルシールとを分離できるようにして裏面シートに剥離可能に設けたシールが提案されている(例えば、特許文献1参照。)。
【0006】
しかし、このようなシールは、上記のような各シールに適当な書き込みを行ってアルバムの整理等に使用するためのものであり、上記のように複数の部品を用いて製品を組み立てるのに使用するものではなく、複数の部品に対して対応するラベルを適切に貼付させることが簡単に行えるようにしたり、全ての部品が適切に使用されて製品が組み立てられたかを確認できるようにする目的は全く示唆されていないものである。

【効果】

【0012】
この考案における組立て用ラベルセットにおいては、製品を組み立てるのに用いる各部品に対応した各ラベルを1単位の剥離シート上に剥離可能に設けるようにしたため、この組立て用ラベルセットにおける各ラベルを、製品を組み立てるのに必要な各部品に順々に貼付させることにより、ラベルを誤った部品に貼付したり、ラベルを貼付し忘れるなどの貼付ミスが防止されるようになる。
【0013】
また、このような部品を用いて製品を組み立てる場合においても、組立て用ラベルセットにおける各ラベルが全て使用されたかを確認することにより、全ての部品が揃っているかの確認も簡単に行え、製品の組み立てる際に一部の部品が抜けたりするのも防止されるようになる。

(57)【要約】

【課題】ラベルが貼付された複数の部品を用いて製品を組み立てるにあたり、複数の部品に対して対応するラベルを適切に貼付させることが簡単に行えるようにすると共に、全ての部品が適切に使用されて製品が組み立てられたかを簡単に確認できるようにする。【解決手段】製品を組み立てるのに用いる各部品に対応した各ラベル13〜18を1単位の剥離シート11上に剥離可能に設けた組立て用ラベルセット10Aを用いるようにし、またこの組立て用ラベルセットを連続して形成した組立て用ラベルセット連続体10を用いるようにした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):