(54)【考案の名称】透明粘着ラベル

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
透明基材の片面上に粘着層部とラベル印字部を形成するとともに,剥離材を積層して構成される透明粘着ラベルにおいて,ラベル印字部に文字,記号などの表示を反転印字し,剥離材を剥離して粘着部を対象物に貼り付けることにより,ラベル印字部の反対面を表面として文字,記号などが正順表示される透明粘着ラベル。

【従来の技術】

【0002】
透明基材の片面に粘着層と剥離材を積層して構成される従来の透明粘着ラベルは,文字,記号などが表示されている面を表面として,剥離材を剥離して裏面を対象物に貼り付ける構成であるため,文字,記号などの表示は汚れ易く,擦られて消え易いため,表面が擦られる対象に対しての適用は不向きであり,適用範囲が限定される欠点を有していた。

【効果】

【0005】
透明粘着ラベルにおいて,ラベル印字部上に文字,記号などの表示を反転印字し,剥離材を剥離して粘着部を対象物に貼り付けることにより,ラベル印字部の反対面を表として文字,記号が正順表示され,文字,記号が汚れたり,直接擦られたりしないため,例えば靴の内面にネームを表示する場合など,常に擦られるような対象に対しての利用も可能となり,適用範囲の拡大が可能となる。

(57)【要約】

【課題】透明基材の片面上に粘着層部とラベル印字部を形成するとともに,剥離材を積層して構成される透明粘着ラベルにおいて,ラベル印字部上に文字,記号などの表示を反転印字し,剥離材を剥離して粘着部を対象物に貼り付けることにより,文字,記号が汚れたり,直接擦られたりしない適用範囲の拡大を可能とする透明粘着ラベルを提供する。【解決手段】透明基材1の片面上に粘着層部とラベル印字部2を形成するとともに,剥離材4を積層して構成される透明粘着ラベルにおいて,ラベル印字部に文字,記号などの表示を反転印字3し,剥離材を剥離して粘着部を対象物に貼り付けることにより,ラベル印字部の反対面を表として文字,記号を正順表示する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):