(54)【考案の名称】携帯電話器

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、主に携帯電話器を触ることにより着信を確認できる携帯電話器に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の技術として、携帯電話機に取り付けて用いられる携帯電話機用ストラップであって、前記ストラップが、前記携帯電話機に取り付けるための紐状部材からなる第一の紐部と、前記第一の紐部に接続されている可動体とからなり、前記可動体が、駆動部と、前記駆動部により駆動される可動部と、前記携帯電話機の通話時に発生する電磁波を感知するセンサー部と、前記センサー部が電磁波を感知した時に発生する感知信号を受けて前記駆動部を制御するための制御部と、を備えた携帯電話機用ストラップがある。(特許文献1参照)
【0003】
また、他の従来技術として、上下両端を開口させたボデイケースの左右両側部に手を取り付け、該ボデイケース内に、モータの回転力を減速ギヤ機構を介して主軸に伝えるようにしてあるギヤボックスを収納すると共に、該ギヤボックスの左右両外側部に、下端に足を有する脚プレートを下方から挿入配置して、ギヤボックスに上下動できるように係合させ、上記ギヤボックスの左右両側部より外方へ突出させた主軸の両端部と左右の脚プレートの所要個所とを、左右で180°位相をずらした偏心機構を介し連結して、主軸の回転により左右の脚プレートが揺動運動をして足が交互に前後方向へ動くことができるようにし、且つ上記ギヤボックス上に、下端を開口させたヘッドケースを首振り可能に支持させて、上記左右の脚プレートの上下動時にヘッドケースが首振りさせられるようにし、更に、電波を着信して上記モータへ駆動指令を与える制御基板を備えてなることを特徴とする携帯電話機用着信報知装置がある。(特許文献2参照)

【効果】

【0009】
1)、着信時において、着信前の携帯電話器の形状を変化させ、保持してなる変化具を設けてなることにより、特に、ポケット内に携帯電話を入れて使用している場合、ポケットの内側から携帯電話を触るだけで、着信の有無が確認できいちいちポケットから出すことなく確認できる。
2)、変化具を、突出体にすることにより、突出体の出入りを手の指先で触ることにより簡単・確実に着信の有無を確認できる。よって、まわりの目を気にせずに確認できる。
3)、折り畳み式携帯電話器を着信時において、適宜開いて保持することにより、ポケット内はもちろんのこと、テーブル等に置いた状態においても見ることにより確認できる。特に、少し席を空け、戻ったときなどに一目で確認できる。
4)、携帯電話の一部の色を変化させ、保持してなる変化具により、テーブル等の上に置き、少し席を空けて戻ったとき、一目で確認できる物で、特に離れた場所(見える範囲)でも確認できる。

(57)【要約】

【課題】着信時において、着信前の携帯電話器の形状を変化させ、保持してなる変化具を設けてなる携帯電話器。【解決手段】主に携帯電話器をポケット等に入れて使用する場合、いちいちポケットから携帯電話を出すことなく、外側から携帯電話を手で触ることにより、携帯電話の形状の変化を確認でき、よって、着信を確認できる携帯電話器を提供する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):