(54)【考案の名称】眼鏡

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、眼鏡に関し、特に視力を調整して物をみるために使用する眼鏡に関する。

【従来の技術】

【0002】
眼鏡は近視や遠視の人の視力を調整する、強い紫外線などから目を保護する、顔の雰囲気や輪郭を変えて美しく見せるなど様々なメリットを備えている。
【0003】
しかしながら、近視などで眼鏡を使用している人は、日差しの強い時にサングラスをつけて外へ出る場合、度の入ったレンズを具えたサングラスをかけなければならないため、不便であるとともに、度の入ったレンズを具えたサングラスは通常のサングラスよりも価格が高く、外出する場合にいつも携帯しなければならないため、非常に不便である。
【0004】
よって、眼鏡関連業界では、一般の眼鏡にサングラス用のレンズを直接設けることができる眼鏡が開発された。これはサングラスを別に携帯する必要がなく、便利であるとともに、使用も簡単であるため、消費者に喜ばれている。
【0005】
従来の掛合式の眼鏡は、眼鏡フレームと付属のレンズフレームの鼻当て部の両側にそれぞれ長方形の孔を設けて、磁石を嵌合し、磁石が互いに引き付け合って接続する。付属のレンズフレームの鼻当て部は突出して延伸して形成され、磁石面を互いに重ね合わせて、レンズフレームとサブフレームとが互いに接続される。
【0006】
しかしながら、眼鏡フレーム上に方形の孔を形成して磁石を嵌合し、付属のレンズフレームの磁石と互いに引き付け合うように設けなけれなならないため、磁石を嵌合していない眼鏡フレームは、付属のレンズフレームを使用することができない。よって、眼鏡を新調して磁石を設けた場合にのみ、使用することができる。
【0007】
別の眼鏡では、眼鏡の両側にそれぞれ第一磁性部材を設け、付属のレンズフレームの両側に第二磁性部材を設けて眼鏡の第一磁性部材と互いに引き付け合うように接続する。該付属のレンズフレームにはフック部を形成し、眼鏡の鼻当てに掛合して設ける。
【0008】
しかしながら、前述の眼鏡は眼鏡フレームの両側に設けた磁性部材と、付属のレンズフレームの両側に設けた磁性部材とが対になって互いに引き付け合って接続するため、磁石を設けていない眼鏡では付属のレンズフレームを使用することができない。
【0009】
また、上述の眼鏡はいずれも固定された磁石の付属のレンズフレームと、固定された磁石の眼鏡とを組み合わせるため、生産業者の生産コストが高くなり、消費者が購入する場合や、部材を交換することができずに不便である。

【効果】

【0013】
この考案の眼鏡は、構造が簡単であるため、製造コストを抑えるとともに、組み合わせが簡単で実用的であるという効果を有する。

(57)【要約】

【課題】 構造及び組み合わせが簡単で、実用的な眼鏡を提供する。【解決手段】鼻当てと、二枚のレンズと、テンプルとを含んでなる眼鏡と、鼻当てと、二枚のレンズとを含んでなるサブレンズと、凸部と、凹溝と、磁性部材とを含んでなる接続部材と、を含んでなり、該眼鏡の鼻当てには凹溝が形成され、該サブレンズの鼻当てには接続部が形成され、該接続部には磁石が設けられ、該接続部材の凸部は予め決められた適宜な位置に少なくとも1以上設けられ、眼鏡の鼻当てに形成された凹溝に嵌合して設けられ、該接続部材に設けられた磁性部材がサブレンズの接続部に設けられた磁性部材と磁性により互いに引き付け合って眼鏡とサブレンズが組み合わせられる構造からなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):