(54)【考案の名称】デジタルコードレス立体サラウンド音楽送信装置

(73)【実用新案権者】嘉碩實業股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は特に、立体音声及びデジタルオーディオ帯域信号輸入機能を整合するデジタルコードレス立体サラウンド音楽送信装置を提案するものである。

【従来の技術】

【0002】
現在デジタルコードレス音楽送信装置は、一つの送信機台及びヘッドホンを組み合わせなければならず、その送信機台はコードレス方式でデジタルオーディオ帯域(AF)信号を送信してヘッドホンがそのデジタルオーディオ帯域を受信、並びにデコードし、アナログオーディオ帯域信号にて出力すると、スピーカーセットは音楽を流すものである。
【0003】
公知のデジタルコードレス音楽送信機台は、外の音楽プレーヤー設備のデジタルオーディオ帯域信号を受信するのみで、外の音楽プレーヤー設備の立体音声信号を受信できず、iPod、携帯電話、PDA(MP3内蔵)等立体音声音楽プレーヤー設備には対応しない故、使用において制限されている。公知のコードレス送信機台自身には音楽プレーヤー装置はなく、よってヘッドホンでだけしか音楽を聞けず、送信機台によっては直接音楽を流せない構造である。

【効果】

【0007】
本考案のデジタルコードレス立体サラウンド音楽送信装置は、立体音声及びデジタルオーディオ帯域信号輸入機能を整合することを特徴とする。

(57)【要約】

【課題】立体音声及びデジタルオーディオ帯域信号輸入機能を整合するデジタルコードレス立体アラウンド音楽送信装置の提供。【解決手段】デジタルコードレス立体サラウンド音楽送信装置は、送信機台及びヘッドホンにより構成されており、その送信機台は主に、立体音声及びデジタルオーディオ帯域信号入力機能を整合したものであり、テレビ、パソコン、ビデオ及び電子ゲーム器のデジタルオーディオ帯域信号を受信、またiPod(登録商標)、携帯電話、PDAの立体音声信号も受信でき、デジタルオーディオ帯域信号コードレス送信方式によって全方向発信及び受信を行い、立体サラウンド音楽を流すものである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):