(54)【考案の名称】返信用はがき付き印刷物

(73)【実用新案権者】株式会社 ウイル・コーポレーション

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
個人情報を記載する欄を有するコンパクトな返信用はがき付き印刷物に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、はがき等に個人の住所、氏名、電話番号、性別、年令、等の個人情報等を記載して送信先に送信する場合、個人情報を送信先以外の第三者に見られないように当該個人情報を記載した欄に再接着可能な糊を塗布した用紙を接着したりすることが行われていた。
【0003】
また、はがき本体に秘匿したい箇所を秘匿する秘匿シール部が設けられ、はがきの秘匿したい箇所を手間をかけずに簡単に出来る技術がある(例えば、特許文献1参照)。
さらに、裏面からもみえないように完全に秘匿できる用紙を示した技術も本出願人により開示されている(例えば、特許文献2参照)。
【0004】

【効果】

【0010】
本考案は以上の構成を有するので、個人情報を完全に秘匿でき、かつ記載するスペースを十分に有する、コンパクトな返信用はがき付き印刷物を提供することができる。

(57)【要約】

【課題】個人情報を完全に秘匿でき、かつ記載するスペースを十分に有する、コンパクトな返信用はがき付き印刷物を提供する。【解決手段】返信用はがき付き印刷物1が、左右に開き切り離し可能な切り取り線5を有し、切り離された一方の用紙は個人情報記載欄34を有する返信用はがき3となり、もう一方の用紙は利用者控え又は所持用印刷物2となる。前記利用者控え又は所持用印刷物となる用紙が前記返信用はがきとなる用紙に剥離可能に圧着されており、前記返信用はがきとなる用紙は、2枚の紙が剥離不能に接着されて構成されており、その相互に接着される面には各々地紋が印刷されており、個人情報記載欄を有する面には再接着可能かつ塗布後に文字の記入が可能な糊が塗布され、用紙の大きさが通常はがきより大きく、折って重ねて返信用はがきの大きさにするための折り目4を有する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):