(54)【考案の名称】電源ソケットの防塵及び安全装置

(73)【実用新案権者】喬日電業股▼分▲有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、特に防塵効果を有すると共に、子供から異物の挿入により感電問題を防止する電源ソケットの防塵及び安全装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
異物や汚れが挿入孔を通じて電源ソケット内に進入することを防止するために、従来の電源ソケットに挿入孔を封閉させる回転自在な防塵プレートが設けられ、電源プラグのブレードが挿入孔に挿入すると、ブレードの押圧より防塵プレートが下方へ回転すると共に、挿入孔を露出し、故にブレードが該挿入孔を通じて電源ソケットの内部に設置した導電プレートと電気接続することができる。

【効果】

【0007】
本考案は上記の課題を解決するものであり、本体の内部に防塵プレートと止めプレートを有する二つの可動プレートが設けられ、同時にプラグのブレードの押圧を受けると、各可動プレートが挿入孔から離れて、ブレードの挿入を可能とする。一方、一つの可動プレートだけプラグのブレードの押圧を受ける際、該ブレードの挿入はできないので、不慮の感電の事故を防止できる。

(57)【要約】

【課題】 防塵効果を有すると共に、異物の挿入による感電問題を防止する電源ソケットの防塵及び安全装置を提供する。【解決手段】 下部に開口を有する本体10と、該開口10に設置される封止プレート20と、該本体10の内部に設置される二つの可動プレート30とを有し、前記本体10は、矩形を呈し、上面に電源ソケットの挿入孔と対応する挿入孔11が形成され、内部に該挿入孔11と連通する収容部が形成され、前記封止プレート20に本体の挿入孔11と対応する貫通孔21が形成され、前記二つの可動プレート30の形状が互いに対応し、各可動プレート30は、コ字形を呈し、一側に他側の高さより高いと共に、本体の挿入孔11と対応する防塵プレート31が設けられ、他側に封止プレート20の貫通孔と対応する止めプレート32が設けられ、各防塵プレート31の内側に位置決めピン33が設けられ、二つの可動プレート30における位置決めピン33の間にスプリング34が設けられることを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):