(54)【考案の名称】紐及び靴紐

(73)【実用新案権者】有限会社中川製紐工場

(73)【実用新案権者】モリト株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、靴紐、フード用紐或いは腰部用紐などのアパレル用紐、又は梱包用紐などとして用いられる紐に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、靴紐の表面には、緩んだり解けたりすることのないように樹脂加工などの表面処理を施しているが、使用時間に伴い、表面処理をした部分が磨耗し、効果が薄れてくるという不具合があった。
【0003】
このような不具合を解消するために、芯糸の全外周を特殊構造の組紐層で被覆した靴紐が提案されている(下記特許文献1)。
ところが、このような靴紐は、構造が複雑で、製造が面倒であるばかりでなく、必要以上に太くなり、一般的な用途には使用し難い。
【0004】
また、靴紐の結び目になるところに滑り止め加工を施し(下記特許文献2)、あるいは、伸縮体で形成し(下記特許文献3)た靴紐も提案されているが、滑り止め部が部分的で、汎用性に乏しく、その制作も、靴紐一本毎に加工する必要があり、製造も面倒であるという問題があった。

【効果】

【0014】
本考案に係る紐は、以上説明したように、紐芯2の外周に、その長手方向に連続するようにネット状の覆い3を形成しているので、滑り止め機能があり、靴紐などの結び目が滑らず、緩んだり解けたりすることがない。また、長時間の使用により滑り止め機能が劣化するということもない。
【0015】
さらに、上記覆い3は、紐の長手方向全長に連続して形成されているため、どの部分を結び目としても良く、汎用性があり、靴紐のみならず、フード用紐或いは腰部用紐などのアパレル用紐、又は梱包用紐などとしても滑り止め機能を有する紐として用いることができる。
【0016】
また、本考案に係る紐は、紐芯2と覆い3との色を異ならしめることにより、ツートンカラーとすることができ、意匠的にも優れており、靴紐又はアパレル用の紐として使用して商品価値が向上する。
【0017】
紐1の覆い3を紐芯2に比較して後染め染色が容易な素材により形成し、紐芯2の外周に覆い3を連続して機械的に形成することにより紐素材を形成した後、後染め染色を施すことにより、紐芯2と覆い3との色彩が異なる紐を容易に連続して製造でき、ファッション性に優れたツートンカラーの紐を適宜容易且つ能率的に製造できる。

(57)【要約】

【課題】紐の全外周にわたり連続して十分で継続的な滑り止め機能があり、製造も容易で汎用性があり、美観の点でも優れた、靴紐などに使用して最適の紐を提供する。【解決手段】紐1は、紐芯2の外周に、その長手方向に連続するようにネット状の覆い3を密着させて形成し、滑り止め機能を有している。紐1の外周面には、覆い3による凹凸面4a,4bを形成している。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):