(54)【考案の名称】高出力インピーダンスを有するOLED表示装置

(73)【実用新案権者】普誠科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、OLED表示装置に関し、更に具体的には、高出力インピーダンスを有するOLED表示装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
図1を参照する。図1は、従来のOLED表示装置100を表す回路図である。OLED表示装置100は、電流源110と、OLED等価モジュール120とを有する。電流源110は、電圧源VHと、制御器111と、P形トランジスタQ1とを有する。OLED等価モジュール120は、抵抗R1及びR2と、OLED D1と、等価コンデンサC1とを有する。電圧源VHは、飽和領域でP形トランジスタQ1にバイアスをかける。電流源110は、制御器111によって、P形トランジスタQ1のゲートへ制御電圧V1を入力して、電流I1を制御する。理論上、電流源の出力抵抗は無限であるべきであり、従って、電流へ結合される負荷が何であろうとも、電流源の安定性及び出力能力は影響を及ぼされない。実際には、従来の電流源110は、Rdの抵抗を有する等価出力抵抗を有する。従って、OLED等価モジュール120が電流源110と重複する場合に、即ち、OLED等価モジュール120の等価負荷抵抗が抵抗Rdと比べて無視されない場合に、電流I1は影響を受け、電流I1の大きさは理想的な状態から変化させられる。従って、ルーメンは、OLED表示装置のいずれの場所でも等しいわけではない。

【効果】

【0006】
本考案により、従来技術の問題を解決するOLED表示装置を提供することが可能である。

(57)【要約】

【課題】 更に安定した電流を供給され得るOLED表示装置を提供する。【解決手段】 OLED表示装置は、電流源210及びOLED等価モジュール220を有する。電流源は、第1の制御器211と、2つのバイアス供給源VH2及びVH3と、2つのPMOSトランジスタQ2及びQ3とを有する。電流源210は、OLED等価モジュール220が光を放射することを可能にするよう、OLED等価モジュール220へ電流を出力する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):