(54)【考案の名称】貯水システム及びそれに用いられる貯水装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本発明は、雨水を蓄えるための貯水システム及びそれに用いられる貯水装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、環境保護の観点から、雨水を有効に利用しようとする製品が提案されつつある。たとえば、地下の貯水槽に雨水を蓄え、電気式ポンプを利用して、当該雨水を吸い上げ、散水等に利用するといった製品が提案されている。

【効果】

【0010】
本考案によれば、樋を介して雨水を集約することができる。樋は、各住戸に必ず設けられているものであるので、非常に安価に、雨水を集約することができる。集約された雨水は、雨水注入管を介して、貯水槽に蓄えられるが、貯水槽は、四角柱状や円柱状などのシンプルな構造でよい。貯水槽に取り付けられるコックも、通常のコックを用いることができる。したがって、簡易かつ安価に、雨水を貯水するためのシステム及び貯水装置を提供することができる。
【0011】
さらに、貯水槽の上方側面に設けられた穴に、排水管が取り付けられているので、貯水槽をオーバーフローしそうになる雨水を排水管へと導くことができる。排水管から排水された雨水は、排水路に流されることとなるので、大量の雨が降り注いだとしても、貯水槽から水があふれ出て、周囲が水浸しになることを防止することができる。
【0012】
また、貯水槽の上面部に開閉可能な蓋部を設けると共に、雨水注入管を固定するための固定部を設けることによって、貯水槽内部を清掃する際、雨水注入管を取り外したり動かしたりすることなく、蓋部を空けて、内部を清掃することができる。
【0013】
また、コックが、貯水槽の底面に蓄えられた水を排出可能に取り付けられているので、雨水を残さず使うことができる。
【0014】
さらに、雨水注入管の端部には、取り外し可能なネットが取り付けられていることによって、樋からのゴミが貯水槽に入るのを防ぐことができる。当該ネットは取り外し可能であるので、ゴミが溜まれば、蓋部を開けて当該ゴミを取り除けばよい。これによって、ゴミが貯水槽に入り、コックから雨水が正常に排出されないといった事態を回避することができる。
【0015】
本考案のこれらおよび他の目的、特徴、局面、効果は、添付図面と照合して、以下の詳細な説明から一層明らかになるであろう。

(57)【要約】

【課題】簡易かつ安価に、雨水を貯水するためのシステムおよびそれに用いられる貯水装置を提供すること。【解決手段】貯水システム1は、屋根に降り注いだ雨水を樋10〜14を介して集約するための雨水集約手段と、雨水集約手段によって集約された雨水を蓄えるための貯水装置8とを備える。貯水装置8は、雨水を蓄える貯水槽3と、雨水を貯水槽に注入する雨水注入管2と、貯水槽3の上方側面に設けられた穴に取り付けられており、かつ排水路7と連結している排水管4と、貯水槽3の下部に設けられたコック6とを含む。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):