(54)【考案の名称】家具

(73)【実用新案権者】株式会社アテックス

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、所定の高さに支持される天板を有し、この天板上で作業したり、収容物の陳列、保管などの用途に使用される、例えば机、陳列棚その他を含む家具に関する。

【従来の技術】

【0002】
天板以外に、多くの物を収容して便利に使用するため、家具には各種構造の棚板が設けられる。例えば図8に示すように、天板aを支持する左右の支柱b、bの間に、垂直な背板状の棚板支持体dを上下方向に昇降・固定可能に支持するとともに、この棚板支持体dの前面側に必要な数の棚板fを装着した机が提案されている(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
この机においては、棚板支持体dを支柱bにて対して昇降・固定することによって、棚板fの高さを上下に調整できるため、使用状況、使用者の体格などの諸条件に応じて便利に使用することができる。
【0004】

【効果】

【0014】
請求項1に係る考案においては、可動棚は、支持軸材の外面に設けた取付具を脚部、又は立上げ部に着脱可能に係合して棚板を任意の位置に支持できるように構成しているため、用途、設置場所・環境などの使用条件、使用者の年齢・体格その他使用者の状況など様々な場合に対応して、棚板を設けることができる。従って、使い勝手に優れ、多くの物を収容できるとともに、その所在が見易いことから出し入れが簡単で整理もし易い。また、収容物が増えた場合には、新たな可動棚を増設して収容量を増やすことができる。
【0015】
請求項2に係る考案のように、L枠材の横軸を棚板の両側部に固着して形成した可動棚を形成し、L枠材の竪軸に取付具を固着して支持軸材を構成すると、左右のL枠材に支持されて堅牢な可動棚が形成されるため、重い収容物を安定して支持できる。
【0016】
請求項3に係る考案のように、一対の竪枠、この竪枠の上端部間に架け渡された頭継ぎ材、及び上下に一定間隔で竪枠の間に架け渡された複数の横桟とで立上げ部を構成し、可動棚の取付具を任意高さの前記横桟に係合することにより棚板を支持すると、棚板を立上げ部に対して強固に取付できるため、重い収容物を安定して支持できるとともに、使用条件など状況に応じて立上げ部の最適な位置に棚を設けることで、使い勝手良く便利に使用できる。しかも天板の上方に位置する立上げ部の内側だけでなく、外側にも棚板を設けることができるため、収容量を増加できるとともに、使い勝手を更に高めることができる。
【0017】
請求項4に係る考案のように、一対の支脚材、この支脚材の上端部間に架け渡された上継ぎ材、及び上下に一定間隔で支脚材の間に架け渡された複数の横桟とで脚部を構成し、可動棚の取付具を任意高さの前記横桟に係合することにより棚板を支持すると、棚板を脚部に対して強固に取付できるため、重い収容物を安定して支持できるとともに、使用条件など状況に応じて脚部の最適な位置に棚を設けることで、使い勝手良く便利に使用できる。しかも、天板の下方に位置する脚部の内側だけでなく、外側にも棚板を設けることができるため、収容量を増加できるとともに、使い勝手を更に高めることができる。
【0018】
請求項5に係る考案のように、横桟に係合しうる鍵形状をなすとともに支持軸材に対し上下反転可能に形成された双方向取付具を用い、前記立上げ部、又は脚部の比較的低い領域に於いては棚板の端部から立ち上がる姿勢の可動棚を横桟に係合し、反対に比較的低い領域に於いては双方向取付具を上下反転して棚板から支持軸材が垂下する姿勢の可動棚を横桟に係合することにより、立上げ部、又は脚部の略全領域において、簡単にしかも安定して棚板を支持することができる。また請求項6に係る考案のように、立上げ部の竪枠の下部分を、前記支脚材の上部分に重ね合わせるとともに固着して、立上げ部を支持すると、立上げ部を強固に支持できる。しかもノックダウン式の場合には、簡単な作業で組立作業を行なうことができる。

(57)【要約】

【課題】任意の位置に棚板を取り付けることができることから、使用状況、使用者の体格などに合わせて便利に使用できる家具を提供する。【解決手段】天板と、この天板を水平に支持する脚部と、天板の少なくとも一辺の縁部から上方にのびる立上げ部と、水平に支持される棚板を有する可動棚とを具え、前記可動棚は、棚板と、この棚板の端部から、この棚板に対し直角にのびる一対の支持軸材と、この支持軸材の外面に設けた取付具とを含み、この取付具を脚部、又は立上げ部に着脱可能に係合することにより棚板を任意の位置に支持できることを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):