(54)【考案の名称】玩具煙火

(73)【実用新案権者】三州火工株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、花火遊戯に供して好適な玩具煙火に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の玩具煙火、例えば、打ち揚げ現象を生起させる打ち揚げ煙火、噴出現象を生起させる噴出煙火などは、筒状本体の外部に導出された導火線等の導火部材に点火すると、火種が内部に侵入して数秒後に各種花火現象が生起するように構成されている。
本願考案者は、この導火部材に着目し、導火の途中で間欠的に発光する火花を外部から目視可能とする新規な玩具煙火を先に提案した。

【効果】

【0009】
本考案の玩具煙火は、導火部材内には複数の音小星火薬が含有されているため、導火に伴って間欠的に音が発生し興趣に富んだ玩具煙火となる。

(57)【要約】

【課題】導火に伴って間欠的に音を発生させることで興趣を増大させた玩具煙火を提供する。【解決手段】筒状本体(外筒)2と、筒状本体2の内部に配置された火薬充填部(内筒)3とを有し、火薬充填部3の外側面3aには、点火部を形成する第1導火部材4aと、複数の音小星火薬が含有された第2導火部材4bと、打ち揚げ用火薬3bに着火するための着火部を形成する第3導火部材4cとが取り付けられている。このため、本考案の玩具煙火は、導火部材内の複数の音小星火薬によって導火に伴なう間欠的発音現象が生起し、より興趣に富んだ玩具煙火となる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):