(54)【考案の名称】包装菓子

(73)【実用新案権者】株式会社ハート

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、例えば、袋詰されたスナック菓子等をより楽しく食せるように工夫した包装菓子に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、この種の包装菓子としては、例えば、適宜スナック菓子を袋内に密封して構成しただけのものが数多く提供されている。
また、特許文献1に示すような手拭き用紙おしぼり付の袋が提案されており、これは、袋の本体の外表面に、紙おしぼりを配すると共に、この紙おしぼりを覆うようにカバーを剥離可能に接着したもので、カバーを剥離して紙おしぼりを取出せるようにしたものである。
【0003】

【効果】

【0007】
従って、請求項1の包装菓子によれば、主包装用袋Aの上部を開口させ、内のスナック菓子等の菓子類1を普通に食すことができ、一方、分離させた副包装用袋Bから粉末状の調味料を主包装用袋A内に任意の量だけ入れて、菓子類1の味付けを好みに応じて変えて楽しむこともできるようになる。或いは、分離させた副包装用袋Bから粉末状の飲料の素をグラス内に入れ、これに水等を入れて適宜飲料作りを楽しむこともできるようになる。すなわち、興趣に富み、幼児等が菓子をより楽しく食せるようになり、ひいては、その包装菓子の販売促進にも役立つようになる。
しかも、構成が簡素で、量産に適し、低廉で、経済的な包装菓子となる。
【0008】
特に、主包装用袋Aは、略細長状に形成してあるので、その上部の開口部分を短くできるようになり、副包装用袋Bから粉末状の調味料を主包装用袋A内に入れて、これを菓子類1に混ぜる際に、主包装用袋Aの開口部分の下方を手で握って閉じて振る作業が、手の小さな幼児等でも簡単に行なえるようになる。
【0009】
また、請求項2の包装菓子によれば、主包装用袋Aの上部を開口させ、内のスナック菓子等の菓子類1を普通に食すことができ、一方、分離させた副包装用袋Bから味の異なる粉末状の調味料を主包装用袋A内に任意の量だけ入れて、菓子類1の味付けを好みに応じて変えて楽しむことができるようになる。すなわち、興趣に富み、幼児等が菓子をより楽しく食せるようになり、ひいては、その包装菓子の販売促進にも役立つようになる。
しかも、構成が簡素で、量産に適し、低廉で、経済的な包装菓子となる。
【0010】
特に、主包装用袋Aは、略細長状に形成してあるので、その上部の開口部分を短くできるようになり、副包装用袋Bから粉末状の調味料を主包装用袋A内に入れて、これを菓子類1に混ぜる際に、主包装用袋Aの開口部分の下方を手で握って閉じて振る作業が、手の小さな幼児等でも簡単に行なえるようになる。

(57)【要約】

【課題】主包装用袋内の菓子類を普通に食すことができ、分離させた副包装用袋から粉末状の調味料を主包装用袋内に任意の量だけ入れて、菓子類の味付けを好みに応じて変えて楽しむこともでき、或いは、分離させた副包装用袋から粉末状の飲料の素をグラス内に入れ、これに水等を入れて適宜飲料作りを楽しむこともでき、興趣に富み、幼児等が菓子をより楽しく食せるようになり、包装菓子の販売促進にも役立ち、構成簡素で、量産に適し、低廉で、経済的な包装菓子を提供する。【解決手段】スナック菓子等の菓子類1を収納した略細長状の主包装用袋Aと、主包装用袋Aよりかなり小さく形成すると共に、粉末状の調味料或いは飲料の素等の副次物2を収納した副包装用袋Bとを備え、主包装用袋Aの外表面に接着剤層Cを介して副包装用袋Bを分離可能に接着して構成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):