(54)【考案の名称】タイルパネル

(73)【実用新案権者】株式会社アートロック

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、主として床や舗道等に敷設されるタイルパネルの改良に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の汎用されているタイルパネルは、通常セラミック、石材等の10〜100cm角モジュールの板状単体で、コンクリートの基礎面に接着剤を介して一枚ごとに、丁寧に不陸を調整しながら技能を有する職人等が貼り付けていた。
これに対して下記考案が改良としてなされ、本体部2と裏面部4の間に中層部5をおき、中層部5を本体部2の隣り合う二つの縁部2a、2bの外側へ一定幅で突出して接合用切片3a、3bとし、縁部2a、2bの反対側の縁部2c、2dの裏面側に他のタイル材の接合用切片3a、3bが嵌合可能な溝6c、6dが形成され、施工時には隣接するタイル材の接合用切片が溝6c、6dに嵌合され施工面に固定されるというものである。
【0003】

【効果】

【0006】
本考案のタイルパネルによれば、簡易な構造で各ユニットを嵌込んで組立てるので貼り付けが簡単で短時間で特別の技能を有しない者にも均一に施工でき、貼り付けによる平滑性が確保され不陸を防止することができ、各ユニットの組み合わせの自由度が高く現場の変化に柔軟に対応でき、コンクリート等の基礎面とスポット接着であって施工が簡単なうえ不要時には容易に取り外しが可能でリサイクルに好適である。更に構成材料が強度・柔軟性・クッション性を巧みに組み合わせてあり、曲げによる割れ防止、ずれ防止、歩行者に優しい歩行性の確保が計れる等の効果を有する。
又施工時に各表面材が密着状態となり、目地となる隙間が生ぜず、ゴミの侵入防止、大きな面が形成可能で美観上高級感が得られ、目地を起点としての目地割れが発生せず、目地材が不要によるコストダウンが計れる等の効果を有する。

(57)【要約】

【課題】構造、施工簡単で不要時には容易に取り外しが可能でリサイクルに好適で、施工時に各表面材が密着状態となり、目地となる隙間が生じないタイルパネル。【解決手段】表面材、中間材及び底面材が固着されているタイルパネルで、(イ)表面材は大きさa角の板状体で、(ロ)中間材は上面板と下面板が一体に積層されたプラスチック板材で、下面板は大きさa角にとられ、上面板は表面材より僅かに小寸のb角にとられ、上面板は下面板に対し左右一方端縁が左右一方に及び前後一方端縁が前後一方に間隔cだけずれ、左右他方端縁が左右他方に及び前後他方端縁が前後他方に間隔dだけ突出し、(ハ)底面材は弾性を有する発泡性プラスチック板材で大きさa角にとられ、(ニ)表面材、下面板及び底面材は平面視において各端縁が揃っておかれ、表面材と中間材によって互いに嵌合可能な奥行きcの嵌合凹部及び間隔dの嵌合凸部が二方向に形成されるタイルパネル。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):