(54)【考案の名称】積載物用荷崩れ防止装置

(51)【国際特許分類】

B65D 71/02 ・可撓性結束帯の構成

(73)【実用新案権者】株式会社エコシステム

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、例えば左右側面に保護柵を配し且つ前後面を開放し、積載物を段積み状に積載可能とし、そのままで陳列可能としてあるいわゆる6輪カートと称される荷役用のカート上の各種の積載物を結束し、荷崩れを防止するようにした積載物用荷崩れ防止装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から荷役・陳列用のいわゆる6輪カート上に積載された各種の積載物の荷崩れを防止するために、その積載物周囲をベルト・バンド等の所定幅員の帯状材で結束することが行われている。こうした荷崩れ防止ベルトとしては、繰り返し使用でき、また結束時の安定性が得られるように、例えば合成樹脂生地材製の所定幅員の帯状のものとして構成されており、これらはいずれも積載物の周囲を巻回して、適宜な締結手段によってベルト本体の端部相互を連結することで積載物の周囲をしっかりと締結するものである。
【0003】
従来におけるこのような積載物用荷崩れ防止装置としては、例えば、特許文献1に開示されているように、左右側面に保護柵を配し且つ前後面を開放し、積載物を段積み状に積載可能としたカートの保護柵周囲、もしくはカートに積載されている積載物周囲を巻回するに足りる長さを有し、端部相互が牽引されて引き締められた状態で互いに連結固定する固定手段を介して保護柵周囲もしくは積載物周囲に固定保持可能にした少なくとも2つのシートカバーを備え、カートの保護柵周囲、もしくはカートに積載されている積載物周囲でシートカバーを複数段状に巻回配置させると共に、下段側に配したシートカバーの外側面に配した面ファスナーと上段側に配したシートカバーの内側面に配した面ファスナーとを相互に止着して上下で一体状にする止着手段を備えて成るものがある。
【0004】
また、特許文献2に開示されているように、カートの保護柵と共に積載物周囲を巻回した後にベルト本体の端部相互を重ね合わせるとき、外側に位置させたベルト本体の一端部にベルト本体自体の長さ方向に沿って開口形成したスリット内から、内側に位置させたベルト本体の他端部に連結してある把手を外出させ、前記の一端部に連結してある把手と共に互いに反対方向に牽引して積載物周囲を締め付け、面ファスナーによって固定することで、ベルト本体が積載物周囲を巻回したものとなって積載物の荷崩れを防止する荷崩れ防止ベルトがある。
【0005】
さらに、特許文献3に開示されているように、カートの保護柵と共に積載物周囲を巻回した後にベルト本体の端部相互を重ね合わせるとき、ベルト本体の一端部に帯状に突設配置した上下の面ファスナー帯をベルトの他端部に付設してある挿通環に挿通して折り返した後、面ファスナー帯の端部を面ファスナー帯本体部に固定することで、ベルト本体が積載物周囲を巻回したものとなって積載物の荷崩れを防止する荷崩れ防止ベルトがある。これの使用状態は、積載物の高さに対応してベルト本体を複数段状で使用して固定保持するのであり、このとき最上段に配置したベルト本体においては前後面で跨がせた補助止着ベルトによって相互に止着する。不使用時においては、ベルト本体を例えば巻回した後にベルト本体の端部中央に帯状に突設したカート止め用面ファスナー帯にて仮止めし、ベルト本体の端部外側に配したフック部材でカートに係止することでカートと共に一括して保管できるものである。

【効果】

【0013】
本考案によれば、いわゆる6輪カートと称されるカートPと一体化しておくことで、カートPに積載した積載物CをカートPと共に巻回して、その荷崩れを防止するとき、従来と異なり、巻回作業および巻回解除作業に際し、ベルト本体1がカートPに係止されたままであるから、落下することなく迅速、容易に行えるものとなり、またカートPと共に一括して保管収納しておくことができる。
【0014】
すなわち、これは本考案が、ベルト本体1の一端部にベルト長手方向に沿って突設したカート止め用面ファスナー帯4を備えたからであり、これによって、ベルト本体1の使用または収納に際し、カート止め用面ファスナー帯4によってベルト本体1がカートPに常時支持されるため、ベルト本体1の他端部からの巻回作業または巻回解除作業がスムーズに行え、しかも、ベルト本体1をカートPと一体にして保管収納しておくことができる。すなわち、カート止め用面ファスナー帯4にてカートPに係止し、ベルト本体1の他端部から巻回した後に上下のベルト連結用面ファスナー帯2a,2bをカートPと共にベルト本体1に巻回して当該ベルト本体1の一端部に付設された面ファスナー(8)部分に係止固定することでカートPと一括にしての収納が可能である。
【0015】
また、ベルト本体1の他端部外側にベルト長手方向に対しほぼ直角に突設したカート止め用面ファスナー帯5を備えたので、ベルト本体1の使用または収納に際し、カート止め用面ファスナー帯5によってベルト本体1がカートPに常時吊持された状態で、積載物Cに対するベルト本体1の巻回作業、またはベルト本体1の他端部からの順次折り畳み収納作業がスムーズに行え、しかも、ベルト本体1をカートPと一体にして保管収納しておくことができる。すなわち、カート止め用面ファスナー帯5にてベルト本体1をカートPに連結し、ベルト本体1の一端部から順次半分に折り畳んだ後に上下のベルト連結用面ファスナー帯2a,2bをベルト本体1に巻回してベルト本体1の他端部に付設された面ファスナー(8)部分に係止固定することでカートPと一括にしての収納が可能である。
【0016】
尚、上記の課題を解決するための手段、考案の効果の項夫々において付記した符号は、図面中に記載した構成各部を示す部分との参照を容易にするために付したもので、図面中の符号によって示された構造・形状に本考案が限定されるものではない。

(57)【要約】

【課題】巻回作業および巻回解除作業に際し、落下することなく迅速、容易に行えると共に、カートと共に一括して保管可能とした積載物用荷崩れ防止装置を提供する。【解決手段】各種の積載物を積載して運搬でき、またその儘で陳列できるように、左右側面に保護柵を配し、前後面を開放して成るカートP上の積載物周囲を巻回したものとなって当該積載物の荷崩れを防止するためのベルト本体1を形成する。このベルト本体1の一端部に連結した上下のベルト連結用面ファスナー帯2a,2bと、該ベルト連結用面ファスナー帯2a,2bに対向して、ベルト本体1の他端部に連結した挿通環3a,3bと、ベルト本体1の一端部にベルト長手方向の沿って突設したカート止め用面ファスナー帯4とを備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):