(54)【考案の名称】携帯型記録媒体用ケース

(73)【実用新案権者】ラディウス株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、携帯型記録媒体用ケースに関するもので、さらに詳しくは、近時、携帯型記録媒体にパソコンから音楽、映像などの情報を記録し、これを携帯しながら再生して楽しむものが広く販売されてきている。この種の携帯型記録媒体は、縦×横×厚さが100×60×10mm程度であり、これより小型のものもある。
本考案は、この携帯型記録媒体を持参するときに保護のために収納するものであって、パソコンとの接続時等には、携帯型記録媒体を収納したまま立てかけて携帯型記録媒体の映像を見ることができるようにした携帯型記録媒体用ケースに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
前記携帯型記録媒体に形状が似たものに携帯電話機があり、この携帯電話機を保護するためのケースは、種々の形状や機能を有するものが知られている。例えば、携帯電話機を収納したままケースの底部を全面開口して充電器、その他の機器に接続することができるようにするとともに、通常使用時又は不使用時には、ケース底部から携帯電話機が抜け出て落下するのを防止するための開閉蓋が設けられたものが提案されている(特許文献1)。
【0003】
また、前記携帯型記録媒体よりも大型なノート型パソコンをケースに収納したままディスプレイを開き、かつ、ディスプレイに上方からの光が入らないように日除けフードを設けたものが提案されている(特許文献2)。

【効果】

【0006】
請求項1記載の考案によれば、背面部,両側面部,正面部及び底面部で携帯型記録媒体を収納するケース本体を構成し、前記正面部に、携帯型記録媒体のディスプレイと操作部を露出するディスプレイ窓と操作部窓を穿設した携帯型記録媒体用ケースにおいて、前記背面部と一体に正面部側をカバーする蓋部を設け、この蓋部と前記背面部との背面側に、前記ケース本体の立てかけ保持用の帯部を設けたので、携帯型記録媒体用ケースに携帯型記録媒体を収納したまま立てかけて安定した状態で映像を見ることができる。
【0007】
請求項2記載の考案によれば、帯部の両端部、背面部、蓋部にそれぞれにホック孔とこのホック孔に係脱するホック突部を設け、かつ、蓋部に帯部の帯通し部を設けたので、立てかけたり、蓋部を閉めたりするのが簡単にできる。
【0008】
請求項3記載の考案によれば、帯部は、剛性を有する皮革で構成したので、立てかけたり、蓋を閉じたりする操作を繰り返しても常に安定して立てかけが保持される。
【0009】
請求項4記載の考案によれば、背面部と蓋部との間に折り返し部を一体に介在し、かつ、背面部と折り返し部の間と折り返し部と蓋部との間の両面に折り返し溝を形成したので、蓋部を表側に折り返しても、裏側に折り返しても常に一定の状態で折り返しができる。

(57)【要約】

【課題】携帯型記録媒体を収納したまま立てかけてディスプレイを安定した状態で見ることができるようにした携帯型記録媒体用ケースを提供すること。【解決手段】携帯型記録媒体用ケースは、背面部,両側面部,正面部及び底面部で携帯型記録媒体を収納するケース本体を構成し、前記正面部に、ディスプレイ窓と操作部窓を穿設した携帯型記録媒体用ケースにおいて、前記背面部と一体に正面部側をカバーする蓋部を設け、この蓋部と前記背面部との背面側に、前記ケース本体の立てかけ保持用の帯部を設ける。帯部の両端部、背面部、蓋部にそれぞれにホック孔とこのホック孔に係脱するホック突部を設け、かつ、蓋部に帯部の帯通し部を設けて立てかけを保持する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):