(54)【考案の名称】小物品郵送用容器

(73)【実用新案権者】株式会社ヤマジ

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、商品サンプル等の小物品を郵送するための小物品郵送用容器に関する。

【従来の技術】

【0002】
製品メーカーや販売店等から、宣伝広告手段の一つとして消費者に対してダイレクトメールを発送することが行われている。このダイレクトメールには、商品カタログ等の小冊子に加えて、商品サンプルが同封されることがある。ダイレクトメールの手法としては、封筒に小冊子や商品サンプルを入れて発送することが一般的であるが、このような手法の場合、開封前の段階では受取人の関心を十分に引きつけられず宣伝広告効果に欠けるため、開封前に廃棄されてしまうこともあった。このため、開封前の段階で消費者の関心を引きつけることができる発送手段が求められている。
【0003】
このような事情を鑑みて、消費者の関心を引きつけるとともに、宣伝広告効果を高めることを目的として、一般の封筒とは異なるダイレクトメールに適した封筒、封書がいくつか提案されており、例えば、折り線を介して2片の紙片を折り畳んで各紙片の周縁を剥離可能に貼着し、各紙片間の一方に開口部を設け、この開口部に貼着された透明フィルムの袋の中に商品サンプル等の物品を収容して、未開封の状態でも内容物を視認できるようにしたもの(例えば、特許文献1参照)や、シート部材の一方の面に透明樹脂からなる種子包装体を貼着して、種子包装体の内部の物品を視認可能にしたもの(例えば、特許文献2参照)がある。
【0004】
上記のような封筒、封書は、開封前において内容物を視認できるため、サンプルが同封されていることを受取人にアピールすることができる点で有効であるが、封書、封筒のデザインとして従前のものと大差がないことから受取人の興味を引きつけるには十分ではなく、また、内部が視認されるように透明フィルム等の部材を用いるため、作製に手間とコストがかかっていた。

【効果】

【0014】
請求項1に記載した小物品郵送用容器によれば、収容部が、表台紙の裏面側の一部を凹形状にプレス加工して表台紙と一体に形成されるので、収容部形成のために従来のような袋やケース等の別部材を用意する必要がなく、作製コストが低減される。また、小物品郵送用容器を表面からみると、表台紙の収容部が形成された部分は凸形状となって立体的に現れるため、受取人の興味を引きつけることができる。
【0015】
請求項2に記載した小物品郵送用容器によれば、請求項1に記載の考案の効果に加えて、表台紙の表面に、収容部の形状に合わせて図形、模様、文字又は図画が印刷をすることによって、図画等を立体的に表すことができるので、受取人の注意をより強く引きつけることができ、宣伝広告効果を向上させることができる。
【0016】
請求項3に記載した小物品郵送用容器によれば、請求項1または2に記載の考案の効果に加えて、裏台紙の裏面にパンフレット等の小冊子を貼着することにより、小物品郵送用容器と小冊子とを一体とすることができる。これにより、小物品郵送用容器が全体として冊子として機能するようになるので、冊子が小物品郵送用容器とバラけてしまうことがなくなるだけでなく、受取人はパンフレットと商品サンプル等の小物品とを照らし合わせながら見ることが容易となる。
【0017】
請求項4に記載した小物品郵送用容器によれば、請求項1から3のいずれかに記載の考案の効果に加えて、表台紙の周縁と、裏台紙の周縁とを、針なしステープラーで綴じることによって、針や接着剤を使用することなく表台紙の周縁と裏台紙の周縁とを綴じることができるので、作製コストを低減することができる。

(57)【要約】

【課題】 未開封の状態で受取人の興味を十分に引きつけるデザインを備え、かつ簡易かつ安価に作製ができる小物品郵送用容器を提供すること。【解決手段】表台紙と裏台紙とが折り線を介して折り合わされるようにし、表台紙の裏面側に商品サンプル等の小物品Xを収容するための収容部11を、表台紙10の一部をプレス加工することによって裏面側に凹状に形成する。収容部11は、表台紙の表面側からみると凸形状となって立体的に現れるため、受取人の興味を引きつけることができる。さらに、プレス加工をしても表台紙10の紙質に影響を与えることないように、伸び代として機能する皺12を表台紙10に予め形成しておく。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):